パートナーシップPARTNERSHIP

より良い未来をめざす“パートナー”として

ご協力事例

日光物産株式会社

2011年から継続している、皆様のご家庭で着なくなった衣類を日光物産の倉庫に送っていただくと、買取金額がBAJの活動に寄付される「フルクル」という事業です。すでに多くの方に参加していただき、リピーターも増えています。また、デパートやショッピングセンターなどの古着回収イベントにも活用していただいています。

東京おもちゃ美術館
(認定NPO法人日本グッド・トイ委員会)

ミャンマーの小学校に、子ども向けの本とおもちゃをセット にした棚を贈る「Book & Toyライブラリー100」という事業を 立ち上げました。BAJがこれまで建設した学校や井戸を建設した村の学校に、ミニライブラリーを届けます。2016年1月の5 校への寄贈を皮切りに、プロジェクトがスタートしました。皆様からの寄付で、100校の学校に届けようと計画をしています。

ワタベウェディング株式会社

ワタベウェディング(株)会長の渡部氏の「アジアの最貧国に井戸を!」という夢をお手伝いするかたちで始まったBAJミャン マー中央乾燥地域での水供給事業では、社員の方にもご協力をいただいて、大型掘削機械とともに2007年から継続して深井戸を毎年2、3本掘削してきています。井戸の他にも、技術研修やパーツ部品など大きなご支援をいただいています。

株式会社LIXIL (旧株式会社INAX)

2007年4月からベトナムにて、(株)LIXIL (旧(株)INAX)とパートナーシップを組み、子どもたちを対象に水に関する環境教育活動を進めています。寄付金援助にとどまらず、環境教育テキ ストの共同制作や講師派遣などで(株)LIXIL (旧(株)INAX)がもつ環境についてのノウハウを提供していただき、貧困地域での環境教育活動を充実させています。

キヤノン株式会社

BAJがベトナムに駐在員を置いて活動を本格的に開始した 2001年から、キヤノン株式会社には、毎年ベトナムの障害児の教育支援についてご支援をいただいています。最近では、貧 困地域の子どもたちも対象に入れ、環境教育や環境改善活動にも変わらぬご支援をいただいています。

株式会社熊谷組

2016年より、熊谷組の海外の現場で実施するCSRの学校建設プロジェクト「KUMAGAI STAR PROJECT」(略してクマスタ)のミャンマー現地のパートナー団体として、一緒に学校建設を行なっています。本プロジェクトは2017年に第12回日本パートナーシップ大賞にノミネートされ、グローバルスマイル賞を受賞しました。

ギャップジャパン株式会社

2017年、Gap Recycling Projectと題して、全国のGap店舗にて3ヶ月間の古着回収キャンペーンを実施していただき、過去最高の量の古着を集めることができました。また、キャンペーン以外にもBAJのイベントに積極的にボランティアとしてご参加いただいています。
※2018年も、3/1~5/31の3ヶ月間、古着回収キャンペーンを実施していただいております。

フルクル(古着リサイクル)に取り組んでくださっている企業さま一覧

CSRの活動として社内で古着回収に取り組くんだり、イベントを設けたりして、BAJの活動を応援することもできます。

三菱商事株式会社、大和ハウス工業株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、積水ハウス株式会社 名古屋シャーウッド住宅支店、京セラコミュニケーションシステム株式会社、花菱縫製株式会社、ほか(順不同)

※ここには継続してご支援くださっている企業様、イベントを企画してくださった企業様を掲載しています。2018/05/18現在

その他パートナーシップのご提案

■CRM(寄付つき商品・サービスの提供)
商品の売り上げの一部をご寄付

お問い合わせはこちら

現在、ご登録いただいている団体会員さまをご紹介します

No団体名所在地
1 WAVE 東京都
2 株式会社 大木組 東京都
3 キャピタル工業 株式会社 東京都
4 特定非営利活動法人 ケア・センターやわらぎ 東京都
5 国際航業 株式会社 東京都
6 株式会社 ソーワコンサルタント 東京都
7 株式会社 ダイナックス 東京都
8 日光物産 株式会社 兵庫県
9 株式会社 日本開発サービス 東京都
10 株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都
11 株式会社 ビロタス 東京都
12 ブリッジャーズ 有限会社 東京都