HOME > BAJニュース

BAJニュース

2017.10.31

BAJ 2017年交流会 開催のご案内



この1年お世話になったボランティアさん、
いつも応援していただいている支援者のみなさんにぜひ来ていただきたいイベントです。

みんなでワイワイ食べたり飲んだり、BAJスタッフと一緒にこの一年の活動を振り返りましょう。
ぜひ お申し込みください!

【日 時】 2017年12月9日(土) 17:30-19:30 (予定)

【会 場】 じぇびあん(文京区春日1-16-30講道館B1)

【参加費】 1,000円

【申込み】 お名前と「交流会参加希望」の旨を info@baj-npo.org までお知らせください。
       ※お電話でもお申込みできます。お気軽にお電話ください。

【申込み締切日】 2017年11月27日(月)



2017.09.29

【フルクル】10/7-9 ルミネ大宮にて洋服下取りイベント開催!

lumineomiya0920.jpg

10月7日(土)・8日(日)・9日(月・祝)の3日間、
ルミネ大宮にて「洋服下取り3days」が開催されます。

期間中、ご不要になった春夏衣料を、
おひとりさま3点まで下取りいたします。

衣料1点につき1枚、ルミネ大宮で使用できる
500円分のお買い物券をプレゼント!

※お買い物券使用可能ショップやご使用条件は★こちら★ をご覧ください。

さらに、ルミネのアプリ「ONE LUMINE」ダウンロード
+よく行くルミネに"大宮店"を登録した画面をご提示、
またはルミネカードご提示で最大4点まで下取りいたします。

また、同期間では「暮らしにエシカルを。ワークショップを通じて、
体験しながら楽しく学ぶ3日間」として、ルミネ大宮の店舗主催の
ETHICAL WORKSHOPも同時開催されています。

是非合わせてご参加ください!

【日時】10月7日(土)・8日(日)・9日(月・祝)各日11:00~16:00
【場所】大宮駅西口イベントスペース

詳しくは★こちら★ をご覧ください。



2017.08.09

8/9 活動報告会『ミャンマーの村落給水事情について~中央乾燥地域と南東国境の事例から~』

R0017537_3.jpg




















BAJでは、1999年からミャンマー中央乾燥地域で村落給水事業を実施してきました。

今年、17年を経て次のステージへ大きな一歩を踏み出します。

これまで、現地では125本の井戸を掘り、長期的な維持管理の視点から研修も実施してきた成果を
まとめてご報告します。

また、南東国境では2004年から2016年までUNHCRのパートナーとして
406か所の給水施設を作ってきました。

ミャンマーの2つの異なる場所での村落給水事業から見えてくる成果、課題について報告し、
ミャンマー支援の今後についてみなさんと一緒に考えていきたいと思います。


【タイトル】 ミャンマーの村落給水事情について
       中央乾燥地域と南東国境の事例から

【日 時】 8月9日(水)18:45~20:30 (18:15 受付開始)

【報告者】  BAJミャンマー国代表(ヤンゴン事務所) 森 晶子

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室
               http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/


【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
      丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分

【参加費】 一般800円、会員・サポーター・学生500円

【申込締切】 8月7日(月) ※それ以降のお申し込みはお電話にて承ります

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)
       担当:鶴田佳代子
       Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


2017.07.07

【フルクル】8月4日(金)~6日(日)ルミネ有楽町にてジャケット・シューズの下取りイベント開催!

furukuru_170707.jpg

ルミネ有楽町にて開催される「下取り6days」の中で、
8月4日(金)、5日(土)、6日(日)の3日間、
ジャケット・シューズを対象とした、下取りイベントが開催されます。

期間中、ご不用になったジャケット類、シューズをお持ちいただくと、
ルミネ有楽町でご利用いただける500円分のショッピングチケットと交換できます。
おトクに洋服を買い換えられるチャンスです!

お持ち込みいただいたジャケット類、シューズは、
ミャンマー・ベトナムの支援に役立てられます。



下取りの対象: レディス・メンズのジャケット等やシューズ。(キッズも可)
点数: 1人3点まで
※以下条件を満たされた場合は、お一人様最大6点までお受けいたします。
①ルミネカードご提示で+1点(仮カードも可能)
②ルミネのアプリ「ONE LUMINE」をダウンロードの上、"よく行くルミネ"に有楽町店が追加されている画面のご提示で+1点(当日のご登録可能)
③ルミネ有楽町のWEBマガジン「LUMINE YURAKUCHO STYLE WEB」の画面ご提示で+1点
会場: ルミネ有楽町 ルミネ1/1F マルティニーク ルコント横 特設カウンター
【会場地図・詳細】
期間: 8月4日(金)15:00-21:00、5日(土)・6日(日)11:00-19:00

ご協力よろしくお願いたしします。



2017.06.12

【いま必要です】夏募金にご協力をお願いします!

BAJは6月から8月末まで「夏募金2017」と題して、活動へのご寄付を受付けています。

詳しくはコチラまで ⇒ 「いま必要です」 http://www.baj-npo.org/Donation/Need/


【BAJ】夏募金チラシ2017_imgs-0001.jpg




2017.05.09

【フルクル】お近くのGap店舗でも古着を回収しています(5月31日まで)

GAP2017-04-24 11.00.27.jpgのサムネール画像


Gap店舗で、このようなポップを見かけたことはありませんか。

BAJGapとの共同プロジェクトとして、

全国のGap店舗(福岡三越、梅田大丸、船橋東武、静岡伊勢丹は対象外)で

不要になった衣服を回収しています。

531日までです。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

回収対象品:

Gap以外の衣服でも構いません。

②衣服は多少の汚れ、シミ、破れがあっても回収可能です。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。※Gapページへ移ります。

 

BAJの活動をまとめて知りたい!

そんな方は、こちらの特設ページをご覧ください!

 

 



2017.03.09

【フルクル】3/19, 20, 25, 26 ルミネ大宮にて洋服下取りイベント開催!

lumineomiya_170305_resize.jpg

3月19日(日)、20日(月・祝)、25日(土)、26日(日)の4日間、
ルミネ大宮にて、洋服下取りイベント
「"LUMINE OMIYA ETHICAL LIFE" 洋服下取り4days」が開催されます。

期間中、ご不要になった秋冬衣料をおひとりさま3点まで下取りいたします。
衣料1点につき1枚、ルミネ大宮で使用できる500円分のお買い物券をプレゼント!
お得に洋服を買い換えられるチャンスです!

回収された古着は、ミャンマー・ベトナムの支援に役立てられます。


下取りの対象: 着用可能な状態のレディス・メンズ・キッズの秋冬衣料
点数: 1人3点まで
さらに、ルミネのアプリ「ONE LUMINE」をダウンロード+よく行くルミネに"大宮店"を登録した画面提示、またはルミネカード提示で、最大4点まで。
会場: 大宮駅西口イベントスペース
期間: 3月19日(日)、20日(月・祝)、25日(土)、26日(日)各日11:00-16:00
注意事項: ※コピー製品や、著しい汚れ、破れ、傷みのあるもの(弊社の判断に基づきます)は下取りできません。
※下取りできないもの(春夏衣料・和服・ルームウエア・下着・インナー類・レイングッツ・スポーツアイテム・バックなどのファッション雑貨・シューズ)の回収は行っておりませなん。
※下取りできないものの回収はお受けできません。
※下取り後のキャンセルはお受けできません。
※お買い物券はお持ちいただいた下取り対象品1点につき1枚差し上げます。
※ご参加は18歳以上の方に限ります

ご協力よろしくお願いたしします。



2017.03.01

【フルクル】Gap店舗にて衣服リサイクルプロジェクトスタート!


Gap Recycling Project_resize.jpg
3月1日(水)から5月31日(水)までの期間、Gapとの共同プロジェクトとして、
Gapストアにて不要になった衣服を回収するリサイクルプロジェクトがおこなわれます。

集まった衣服は、フルクルプログラムを通じて、BAJのミャンマー、ベトナムでの活動支援にあてられます。

回収期間: 2017年3月1日(水)~2017年5月31日(水)
対象店舗: 全国のGapストア、babyGapオンリーストア、Gap Outlet、The Gap Generation、Gap Factory Store
(※福岡三越、梅田大丸、船橋東武、静岡伊勢丹は対象外)

回収対象品:
①Gap以外の衣服でも構いません。
②衣服は多少の汚れ、シミ、破れがあっても回収可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください。※Gapページへ移ります。

BAJの活動をまとめて知りたい!
そんな方は、こちらの特設ページをご覧ください!




2017.02.14

3/29 活動報告会『技術訓練を通じた就業機会の拡大と収入向上―ミャンマーカレン州パアンにおける技術訓練学校運営―3年間の成果』

170329_1.jpg 170329_2.jpg 170329_3.jpg 170329_4.JPG


BAJは、2013年12月からミャンマーのカレン州パアンにて技術訓練学校を運営しています。

この3年間で、建設科91名、自動車整備科106名、電気科107名、溶接科 52名の、計356名の卒業生を輩出しました。

そのうちの80%以上が卒業後仕事に就き、技能工として働くことで、入学前と比べて高い収入を得ていることを確認しています。

多くの卒業生は、地元の市町村、またはパアン市内やヤンゴンなどで働き、
地域の発展に貢献し、「就業機会の拡大と収入向上」という本事業の目的は達成されたと考えます。

また、卒業生のうち計37名がヤンゴンまたはマンダレーの日系企業に就職しました。
これは学校での技術教育が日系企業に認められたということであり、
卒業生の将来や日系企業の技術人材確保の面においても成果が出ていると考えています。

今回の活動報告会では、現地駐在員が、3年間の事業の成果をお話します。

みなさまのご参加お待ちしております。



【タイトル】 BAJ活動報告会『技術訓練を通じた就業機会の拡大と収入向上
                   ―ミャンマーカレン州パアンにおける技術訓練学校運営―3年間の成果』

【日 時】 3月29日(水)18:45~20:30 (18:15 受付開始)

【報告者】 BAJパアン事務所 吉田 伸也

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室 

【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
      丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分 MAP

【参加費】 一般800円、会員・サポーター・学生500円

【申込締切】 3月27日(月)(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)
         担当:瀬川
         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org



170329_5.jpg

【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(「3月29日パアン報告会」と必ずご記入ください。)
 


2017.02.08

3/16 活動報告会『技術研修を通しての民族融和―ミャンマーラカイン州マウンドー北部での活動報告』

170316_1.jpg 170316_2.JPG 170316_3.JPG


BAJは、1995年からミャンマー西部のラカイン州マウンドーで、自動車、船外機などの機械類の整備工場を運営し、
また女性を対象に裁縫訓練コースなどを実施してきました。

裁縫訓練コースは、2012年6月の大きな暴動のため一時活動を中断していましたが、2015年10月に再開しました。

現在は女性のための裁縫訓練とともに、学生を対象にコンピューター研修、村での機械研修などをおこなっています。

こうした活動は、村人たちの技術力の向上を目指していますが、より大きな目標としてラカイン人とムスリム住民の
「平和的共存」を目指しています。

両者が机を並べてBAJの研修を受けるなかで、相互理解を促し、おたがいに尊重していけるようになることが目標です。

今回の活動報告会では、マウンドーで実施している平和的共存事業について、BAJマウンドー事務所駐在員が報告を
おこないます。

みなさまのご参加お待ちしております。



【タイトル】 BAJ活動報告会『技術研修を通しての民族融和―ミャンマーラカイン州マウンドー北部での活動報告』

【日 時】 3月16日(木)18:45~20:30 (18:15 受付開始)

【報告者】 BAJマウンドー事務所 今村 恭介

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室 

【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
      丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分 MAP

【参加費】 一般800円、会員・サポーター・学生500円

【申込締切】 3月13日(月)(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)
         担当:瀬川
         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org

【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(「3月16日マウンドー報告会」と必ずご記入ください。)
 


2017.02.07

第18回BAJ総会開催のお知らせ

3月11日(土)に総会を開催いたします。

BAJの活動や組織運営について、事務局長らから直接皆さまにお話しできる好機でもありますので、
会員の方やBAJの活動に興味のある方はぜひご参加ください。

会員には近日中に出欠のご案内を差し上げます。非会員の方は、下記のメール・電話でお問い合わせください。

【日 時】 2016年3月11日(土) 理事会:14:35~、総会:14:45~16:30(予定)

【場 所】 文京シビックセンター 3階会議室A (東京都文京区春日1-16-21) アクセス・地図

【問合せ】 info@baj-npo.org 03-3372-9777

*終了後の懇親会(参加費:1,000円、近隣会場)にも是非ご参加ください。



2017.01.16

【フルクル】1/20~22 ルミネ有楽町にて古着下取りイベント開催!

furukuru_170116.jpg

1月20(金)、21日(土)、22日(日)の3日間、ルミネ有楽町にて、
古着下取りイベント「下取り3days」が開催されます。

期間中、ご不用になったコート、ジャケット、シューズをお持ちいただくと、
ルミネ有楽町でご利用いただける500円分のショッピングチケットと交換できます。
おトクに洋服を買い換えられるチャンスです!

持ち込まれたアウター類やシューズは、ミャンマー・ベトナムの支援に役立てられます。



下取りの対象: レディス・メンズのコート、ジャケット等のアウター類やシューズ。(キッズも可)
点数: 1人3点まで
※以下条件を満たされた場合は、お一人様最大5点までお受けいたします。
①ルミネ有楽町のインスタグラム(@lumine_yurakucho)のフォロー画面ご提示で+1点
②ルミネのアプリ「ONE LUMINE」をダウンロードの上、 "よく行くルミネ"に有楽町店が追加されている画面のご提示で+1点
会場: ルミネ有楽町 ルミネ1/1F マルティニークルコント横 特設カウンター
【会場地図・詳細】
期間: 1月20(金)15:00-21:30、21日(土)・22日(日)11:00-19:00
注意事項: ※コピー製品や、著しい汚れ、破れ、傷みのあるもの(弊社の判断に基づきます)は下取りできません。
※下取りできないものの回収はお受けできません。 (草履・ビーチサンダル等不可)
※下取り後のキャンセルはお受けできません。
※ショッピングチケットはお持ちいただいた下取り対象品1点につき1枚差し上げます。
※18歳未満の方は保護者の同意と本人確認が必要です。

ご協力よろしくお願いたしします。



2016.08.19

グローバルフェスタ、ミャンマー祭りブースボランティア大募集!【募集終了しました】

top160819.png


BAJでは、今年もグローバルフェスタとミャンマー祭りへのブース出展が決定しました。
そこで、以下の日程でブースボランティアさんを大募集します。
国際協力に興味がある、ベトナム、ミャンマー大好き!・・・そんなあなた☆
活動経験は問いません。私たちと一緒に活動しませんか?
ぜひご応募お待ちしております!!

グローバルフェスタJAPAN2016

日程: 10月1日(土)、2日(日)
場所: お台場 センタープロムナード
ボランティアシフト: 下記、応募フォームをご参照ください。
募集人数 : 各シフト5名ずつ
ボランティア内容 :
ベトナムで実施している 、農家との直売所の運営 、子どもたちへの環境教育活動 、
ベトナム文化の紹介についての展示や、物販を行います。
ブースに立ち寄ったお客さんにBAJの活動の紹介などをしていただきます。

ミャンマー祭り2016

日程: 11月26日(土)、27日(日)
場所: 増上寺
ボランティアシフト: 下記、応募フォームをご参照ください。
募集人数 : 各シフト3名ずつ
ボランティア内容 :
このミャンマー祭で、BAJは、カレン州パアンでの技術訓練学校運営事業、
ラカイン州での小学校建設事業など、ミャンマーで実施している事業の展示をする予定です。
ブースに立ち寄ったお客さんにBAJの活動の紹介などをしていただきます。

事前説明会日程
※BAJでのボランティアに初参加の方は、下記いづれかの、事前説明会への参加をお願いしています。
9月14日(水)19:00-20:30
9月24日(土)15:30-17:00
11月19日(土)13:30-15:00

お申し込み
応募フォームよりお申し込みください

お問合せ 電話03-3372-9777 /お問合せフォーム



2016.06.02

7/16 ベトナムの子どもたちへ届け!チャリティライブ開催★

2016summer_tanken_top2.jpg


素晴らしいプロゴスペルシンガー、ダンサー、Jazzサックス奏者たちが集結!!

ベトナムの子どもたちのため、熱い一日を演出してくれます。

普段ゴスペルやダンスに触れる機会のない方にもきっと楽しんで頂けます。

たくさんの方にお越しいただければ幸いです!!


【イベント詳細】

日時:2016年7月16日(土)14:30〜16:30 (Door open 14:00)

場所:Corus by hacocoro

住所:東京都港区赤坂3-4-4 専修赤坂ビルB1 (入り口は裏通りにあります)
   (赤坂駅2番出口 徒歩3分、赤坂見附駅11番出口 徒歩2分)

参加費: 3,500円 (1ドリンク、フィンガーフード込) 


【参加方法】

以下の応募フォームに必要事項を明記の上、送信ボタンを押してください。


** イベントに来れないけど、ベトナムの子どもたちを応援したい!**
クレジットカード、銀行振込、郵便振替で寄付を募っています。
下記リンクより、「ベトナム子供の夢応援募金」を選択の上、お手続き下さい。

** イベントをバックアップしてくださる企業・団体様も募集中です **
info@baj-npo.org(担当:押村)までお問い合わせくださいませ。

【出演者(予定)】
・白鞘慧海(ゴスペルシンガー)
・JP-João Pedro Carvalho(ダンサー)
・Steve Sacks(サックス奏者)


-------------- ベトナムの環境教育について ----------------------

ベトナムでは急激な経済成長と共に、環境汚染が深刻化しています。政府は
それを問題視し、学校での環境教育を推し進めていますが、教え方は詰め込
み型が主流。教室のなかで先生の喋ることと教科書に書いてあることを必死
に頭に入れていく。学習のなかで子どもたちの疑問や意見を取り入れ、発展
させていくような姿勢も残念ながらあまりありません。
子どもたちは知識として環境問題を知っていても、自分の生活に結びつけて
捉えることは難しいのが現実です。

BAJの環境教育は、実験・観察・体験等を多く活動に取り入れ、子どもたち
の意見・発言、興味・関心を大切にしています。水の汚染についての学習を
し、「川はどこから来るの?」と疑問が出れば、水源を見に出掛けます。大
気汚染についての学習では、「木はどれくらいのCo2を吸収するの?」と発
言があれば、メジャーを持って外に木の大きさを測りに行き、算出の式を調
べて計算をしたりします。
子どもたちが自分自身で地域の問題に気付き、どのように解決するか考え、
それに向けて自発的に行動できる力を養う事を目標とし、活動を継続してい
ます。
正しい知識や方法を身につけ、自分たちの国や故郷を守るために行動を起こ
していける大人となって欲しい。
その想いにすこしでも「いいな」と思って頂けたのであれば、是非BAJの活
動を応援して頂けますと幸いです。

▶BAJベトナムでの活動について


▶環境教育の詳細はこちら


※ライブの収益は、ベトナム・フエ市近郊の貧困農村部の子どもたちを対象とした環境教育に充てられます。



2016.06.01

8/6 プロ直伝!カフェで写真撮影のコツを学ぼう【終了しました】

残席わずかです

写真を撮るのは好きだけどあまり自信がない...、もっと上手に写真を撮って
友だちに自慢したい!という方、構図や光の使い方をプロの写真家に習ってみませんか?
日頃撮影に使っているカメラや携帯電話をお持ち下さい。

会場はパンケーキがおいしいカフェ。実際に写真を撮りながらおいしく楽しくテクニックが身につきます!

*日 時 8月6日(土)10:00~11:30
photo_ba1.jpg


*参加費 2,500円(ドリンク、パンケーキ付き)

*持ち物 カメラ(携帯電話でも構いません)

*講 師 青山 沙織(プロカメラマン)

*締 切 8月1日(月)

*定 員 15名



※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。

イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

※info@baj-npo.orgからのメールが受け取れるアドレスをご記入ください

(例:8/6 写真撮影のコツを学ぼう)
 

※ お申し込み後、すぐに返信がない場合(自動返信)は、お手数ですが再度お手続きください。



2016.06.01

7/23 リラックス★ヨガ体験【終了しました】

Yoga_Class_at_a_Gym.JPG    
BAJ主催チャリティイベント「ヨガ」教室を開催します。

体が固くでも大丈夫!無理せずゆったり、自分の体に向き合うひと時を過ごしましょう。

男性、全くの初心者、という方も歓迎です。ヨガデビューをぜひ、この夏に!

※写真はイメージです

*日 時 7月23日(土)16:00~17:30

*会 場 おもちゃ美術館(四谷ひろば内) B館3階 多目的ルーム
(アクセス 丸ノ内線「四谷三丁目駅」徒歩5分 地図はこちらへ)

*参加費 1,500円

*持ち物 ヨガ用の着替え、飲み物、ヨガマットまたはバスタオル

*講 師 みちこ(ヨガインストラクター)

*締 切 7月18日(月)

*定 員 20名

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。


開催協力:おもちゃ美術館

イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

※info@baj-npo.orgからのメールが受け取れるアドレスをご記入ください

(例:2016/7/23 ヨガ)
 

お申し込み後、すぐに受付受付のメール返信がない場合は、再度お申込みください。



2016.06.01

7/10 熱帯の植物と村の暮らしを探検しよう!【終了しました】

2016summer_tanken_top2.jpg

皆さんは植物園に行ったことはありますか?

板橋区にある「熱帯環境植物館」は、世界三大熱帯雨林の中のひとつ、東南アジアの熱帯雨林を再現しています。

BAJは、この熱帯植物館を舞台に、植物を観察したり、クイズに答えたりしながら、
村人たちが、植物をどのように利用して生活しているかを知るイベントを企画しました。

案内は熱帯植物とミャンマーに詳しい大野勝弘(BAJスタッフ/マングローブ林行動計画研究員)です。

BAJの活動地、ベトナムとミャンマーももちろん東南アジアの一部です。
熱帯植物館で現地の生活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

お子さんからご年配の方まで、どなたでもご参加いただけます。

【日 時】 7月10日(日)10:00-11:45(10:00施設入り口集合)

【会 場】 板橋区立熱帯環境植物館(三田線「高島平駅」徒歩7分)アクセスはこちら

【参加費】 500円(入館料240円が別途必要です)

【持ち物】 特になし

【申込み締切】7月4日(月)

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。

イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

※info@baj-npo.orgからのメールが受け取れるアドレスをご記入ください

(例:2016/7/10 熱帯探検)
 

お申し込み後、すぐに受付受付のメール返信がない場合は、再度お申込みください。



2016.06.01

7/3 かわいい&かんたん レース編みでアクセサリー作り

tattinglace_all.jpg

ヨーロッパ発祥のレース編み「タティングレース」は、イギリス統治時代にミャンマーに伝わりました。ミャンマーシャン州や、避暑地として知られているメイミョーなどで盛んだそうです。

ミャンマーでは、とても素敵なタティングレースのスカーフを肩にかけている人たちを目にすることがあります。

そんなタティングレースで、日常使いできるアクセサリーヘッドを作りませんか?
初心者の方も大歓迎です!

作品でピアス・ネックレス・ストラップなどをお作りいただけます。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。



日 時 7月3日(日)10:00~12:00

会 場 おもちゃ美術館(四谷ひろば内) B館2階 コミュニティルーム5

アクセス 丸ノ内線「四谷三丁目駅」徒歩5分 MAP

参加費 1,500円(材料費込)

定 員 10名

持ち物 特になし(材料をお持ちの方はご持参ください)

申込締切 6月27日(月)

開催協力:おもちゃ美術館

お申し込み お申し込みフォーム

お問合せ 電話03-3372-9777 /お問合せフォーム

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。



2016.06.01

8/11 高尾山多国籍ハイキング!【終了しました】

takaosan_all.png

日本在住の楽しく愉快な外国人さんと一緒に高尾山に登ります。
早朝の夏山で、英語も磨きながら楽しくハイキングしませんか?
高尾山の麓から高尾山山頂を経て、一丁平でみんなでワイワイとランチを食べましょう!

日 時 8月11日(木・祝)8:30~14:00(目安)

集 合 8:30 京王線 高尾山口駅

参加費 2,000円

定 員 20名

持ち物 昼食・飲み物・その他登山に必要なもの

引 率 Kris Marose(楽しいアメリカ人)

申込締切 8月4日(木)

申込み多数のため締切りました

お問合せ 電話03-3372-9777 /お問合せフォーム

※予定登山ルート: 高尾山麓~高尾山山頂~一丁平(ランチ)
(参加者の人数、体力によりルートを調整いたします)

登山コース全図

※保険、持ち物等は各自ご準備ください。

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。



2016.03.17

【終了しました】活動報告会 ミャンマーにおける技術訓練の課題と成果~カレン州パアンにおける技術訓練学校の運営と就労支援を通じて~


automolibe1.jpg construction1.jpg welding2.jpg electric_1.jpg

ミャンマーは近年経済発展が著しく、2014年には経済成長率が8.5%に達し、世界的な注目を集めています。その一方、長年に渡る内戦により教育制度が崩壊し、国内産業を担う人材不足が課題となっています。

そこで、BAJは、国際幹線道路が通過し、今後の発展が期待されるカレン州パアンにて技術訓練学校を運営し、技術を持った人材を輩出しています。


今回の活動報告会では、現地駐在員が、学校の運営を通じて感じているミャンマーにおける技術訓練の課題や、就労支援等による事業の成果をお話します。

みなさまのご参加お待ちしております。


【タイトル】 BAJ活動報告会『ミャンマーにおける技術訓練の課題と成果』
        ~カレン州パアンにおける技術訓練学校の運営と就労支援を通じて~

【日 時】 3月17日(木)18:45~20:30 (18:15 受付開始)

【報告者】 BAJパアン事務所 吉田 伸也

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室 

【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
       丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分


【参加費】 500円

【申込締切】 3月14日(月)正午(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)

         担当:瀬川

         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(「3月17日パアン報告会」とご記入ください。)
 


2015.12.01

【終了しました】ミャンマーBook & Toy プロジェクト クラウドファンディング挑戦中!(1月末まで)

BT 集合.jpg

Book & Toy プロジェクト

ミャンマーの学校に図書とおもちゃを届けよう

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)と

東京おもちゃ美術館を運営する日本グッド・トイ委員会は、

共同でミャンマーの学校へ図書とおもちゃを寄贈し、

子どもたちへ新たな学びを届けるBook & Toyプロジェクトを立ち上げました。

3年間で100校分の寄贈を目指します。

logoEnglish(mini).jpgTTMロゴ-01 - コピー.jpg


図書とおもちゃの可能性

ミャンマーの農村部では本は希少な存在。

わら半紙でできた教科書くらいしか

本というものに触れたことがない子どもたちは多くいます。

そんな彼らに写真や色がついていて想像力を育んでくれる本と、

好奇心や達成感を育ててくれるおもちゃを届けたい。

そんな気持ちから、このプロジェクトは始まりました。

たくさんの子どもに新たな体験をプレゼントできるよう、

ぜひご支援ください。 

けん玉あそび.JPG




寄贈内容(予定)

ミャンマーの農村部の学校が主な寄贈先です。

BAJがこれまでに給水施設や校舎を建設した村の学校に届け、

その学校に合った図書とおもちゃの運用方法も一緒に考えます。

日本のおもちゃ

けん玉2.jpg
けん玉をはじめとする、日本の伝統おもちゃを寄贈します。

様々な技を練習し上達していくことで、

子どもたちが達成感を得ることができるようなものを用意します。

ミャンマーのおもちゃ

チンロン1.jpg

ミャンマーの国民的な遊び「チンロン」。

都市部では夕方になると、子どもも大人も輪になって、

日本の蹴鞠のような遊びをしている姿をよく見かけます。

図書

図書.JPG

250 冊程度を予定。

物語や百科事典だけでなく、クイズや英語を学べる本など、

学校では学べない、

農村部に届きにくい情報が載っている書籍を揃えます。

本棚

本棚.JPG 読書 - コピー.JPG

図書とおもちゃを収納する専用棚は、ヤンゴンで制作予定です。

雨季と乾季がハッキリしているミャンマーの気候に対応し、

美しさと管理しやすさを兼ね備えます。


Book & Toyへのご寄付はこちらからお願いいたします。






2014.12.15

【終了しました】 貧困農家を「農業」を通して支援!活動報告会 2月20日(金)


BAJ1982年よりベトナムの支援に携わり、現在は中部・フエ市近郊の3地区を対象に活動

しています。

活動の目的は、低所得層の農家が多い地域で、彼らのわずかな収入を「農業」を通じて向上

繋げ、生活を安定させることです(JICA草の根技術協力事業)。

この活動の核となっている駐在連絡員 片山恵美子による事業報告会を開催します。

お話する内容の中で、「養豚農家が多い」といった特色を活かした、「バイオガス・ダイジェスター

(糞尿から燃料ガスと液体肥料を生産)」の導入とその普及・効果について、現地の声を伝えます。

また、それに付随した農家グループのコミュニティ形成の方法に於けるBAJならではの工夫なども

お話します。

昨年12月には、農家グループの無農薬野菜や有機精肉(化学肥料や農薬を使わないで生産)を

卸し、地域の人に届けるための「直売所」をオープン!それにまつわる苦労話や笑い話、最新状況

もお伝えする予定です。

 

農業や貧困支援、国際協力等の予備知識、専門知識がない方にも分かりやすく、楽しくお話します。

「ベトナム」「農家」「バイオガス・ダイジェスター」「収入向上」 「直売所」「JICA事業」...

これらのキーワードが目に留まった方、気になる方、是非ふるってご参加下さい!

お申込みお待ちしております。


【タイトル】 ベトナムの貧困農家を「農業」を通して支援!活動報告会

【日時】 220日(金)  18:4020:30 18:30受付開始)

【報告者】 ベトナム連絡駐在員 片山 恵美子

【場所】 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC 1階セミナースペース

表参道駅(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)B2出口徒歩5

渋谷駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)宮益坂方面徒歩10

           GEOCへのアクセス

【参加費】 一般1,000円 BAJ会員500

BAJFacebookを「いいね!」した画面を受付にて提示、または友達やお知り合いを連れての参加

でそれぞれ300off!! ※割引の併用はできません)

【締め切り】 218日(水)正午 (それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問い合わせ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ

                                                        担当: 押村

                                                        TEL: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(例:2015/02/20 ベトナム事業報告会)
 

2015.02.20 VN報告会ページ掲載写真
(写真)8月のザボンフェスティバルで出展したバイオ農家グループの方の商品パネル


2013.09.10

新事務所を開設しました



ミャンマー・ラカイン州シトウェ地域では、日本財団様からの助成金を活用して
2013年9月1日より、学校建設事業の第二期が開始しました。

計10校の学校建設を実施した(内、5校は引き続き建設中)第一期に比べ、
第二期では21校の建設を予定し、対象地域もだいぶ広がることから、
ラカイン州タウンゴップに新たな事務所を開設いたしました。

また、既にシトウェで運営している2か所の事務所のうち、1か所の家賃が高騰したことから、
急きょメインオフィスを引っ越しし、こちらも新たに開設いたしました。



タウンゴップ (3).jpg
あらたに開設したタウンゴップ事務所。
















シトウェ.jpg


移転したばかりのシトウェ事務所



























今後は、この二つの拠点を中心に学校建設を実施し、より広範囲に渡る活動を行っていく予定です。
シトウェ事務所は、ラカイン州の北部地域での学校建設を中心に、タウンゴップ事務所からは南部地域を中心に同時進行での建設を進めていきます。



ラカイン州新事務所地図 - コピー.png









































2013.08.06

【緊急】ミャンマー東部における洪水被害の状況・ご協力のお願い(8/22更新)



ミャンマー洪水被害への支援にご協力ください!


7月下旬から続く大雨により、ミャンマー東部で鉄砲水・洪水の被害が出ています。この状況を受け、BAJでは8/5より
物資配布活動を開始しました。より迅速に被害への対応を実施するため、皆さまからのご寄付・ご協力をお願いいたします!

  ========================================================
    ○ ゆうちょ銀行
     支店名: 西新宿四郵便局
     郵便振替口座: 00130-1-739924
     口座名: ブリッジエーシアジャパン
     ※備考欄に、「モン州洪水被害支援」とご記入ください。
   ○ 三菱東京UFJ銀行
     支店名: 新宿新都心支店
     口座: 普通1175953
     口座名: 特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
   ○ 楽天銀行 
     支店名: ワルツ支店(204) 
     口座: 普通7025837 
     口座名: 特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
    ○ クレジットカードでのご寄付も受付しております。
  ========================================================


被害状況(ミャンマー赤十字社より)

7月下旬からふり続くモンスーンによる大雨の影響で、ミャンマー東部(カレン州、モン州、タニンダリ管区、エヤワディ地域)
にて鉄砲水および洪水の被害が出ています。合計38,316人(8月2日時点、出典:UNOCHA)が避難を余儀なくされています。

  >>> AFPBB News 「ミャンマー東部、鉄砲水で死者3人 避難3万3000人以上」  

洪水被害は一度だけではなく、数度にわたって起きております。

 1. チャイマロー町第1、2、3区    1,520人が避難所へ移動
 2. ウーレー村                         1,320人・330世帯が村内で避難
 3. ガペイマ村                         1,668人・417世帯が村内で避難
 4. チャンニクワ村                  146人・40世帯が村内で避難
 5. メイカヨウ村                        1,200人・296世帯が村内で避難
  ===========================================================   
                                 5,854人が被災

 8/7時点で雨は降っていませんが、洪水による浸水被害が深刻です。 家屋は約120cmほど浸水している他、
 各村落の給水ポイントも浸水したため、これからまた利用するには、水の浄化が必要となってきます。


物資配布状況

BAJでは特に物資配布のニーズが高い2?4の合計3,134人を・787世帯を対象とした支援を実施する事を決定し、
8/5(火)より物資の配布を開始しています。

1日目②.jpg8/5 (火) 
対象村:           ガペイマ村 
対象世帯数:    191世帯
※ガペイマ村には2地区あり、今回の配布ではそのうちの1区を対象とした。

配布担当者からのコメント:
「この村は完全に水に浸かっており、水源も全て水にのまれてしまった。結果として飲み水が圧倒的に不足している。BAJが来るまでは地域でも裕福な人によって食料が配布されたほかは特に支援を受けておらず、水の配布は今回が初めてだった。水の優先順位が一番高い。」




ガベイマ村.jpg
8/6 (水)
対象村:          ガペイマ村
対象世帯数:    239世帯



















メイカーよー村.jpg8/7 (木)
対象村:     メイカヨウ村
対象世帯数:  251世帯
配布物:     飲料水12リットル、インスタントヌードル2袋×人数、洗剤100グラム(1世帯当たり)
配布担当者からのコメント:
「雨が降っていないため、水はだいぶ引いたが、下痢やデング熱が問題となっている。
医療系NGOと情報共有する予定。政府の保険局の支援も入る予定。
また、水田も被害を受けており、30世帯では新たな苗が必要となっている。」












チャンニクワ村.jpg8/8 (金)
対象村:     チャンニクワ村
対象世帯数:  50世帯
配布物:     飲料水12リットル、インスタントヌードル2袋×人数、洗剤100グラム(1世帯当たり)















支援の終了について

4日間にわたり、計3村での支援を実施し、
 ・ 郡政府の物資支援(水、食料など)が進行中であること、
 ・ 今後の懸念とされる水田被害、デング熱対策などは、BAJが介入するよりも
   政府当局または専門リソースのあるINGOの大規模な支援のほうが
   より効率的だと考えられること、

から、今後の支援については必要ないと判断し、8月8日(金)を持って、緊急支援を終了とさせていただきました。

ご寄付につきましては、本事業で急きょ活用した資金を補てんするため、引き続き募集させていただきます。
皆さまからのご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。





2013.08.01

東京事務所移転のお知らせ

平素よりご支援くださりありがとうございます。
BAJ東京事務所は下記に移転いたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

住所
 東京都渋谷区本町3-48-21 豊栄新都心マンション303号(旧事務所から約150m)
 電 話 03-3372-9777 FAX 03-5351-2395(旧来通り)



2013.05.01

東日本大震災復興支援事業終了のお知らせ


 

東日本大震災復興支援事業 終了のご報告

 

平素より当団体の活動にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、去る2011311日の東日本大震災より、被災地で活動する復興支援団体に対する支援を続けて参りました。その間ご支援を賜りました皆さまには厚く御礼申し上げます。

東日本大震災より2年が経過し、その間継続してきました東日本大震災復興支援を、20135月末日に終了する運びとなりましたのでご報告いたします。

これまで被災地支援活動を協働で実施してきたNPO法人さんさんの会および一般社団法人おらが大槌夢広場と、3月以降も協力関係は継続していきます。

詳細については、8月頃に完了報告書を作成しご報告する予定です。

BAJは今後もミャンマーとベトナムにおける支援を継続して参ります。これからも皆さまの変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

20135月1
                                                                          

                         認定 特定非営利活動法人

                         ブリッジ エーシア ジャパン

                          代表 根本 悦子  

 



2013.04.22

新刊 『ミャンマー・ルネッサンス 経済開放・民主化の光と影』が発売

『ミャンマー・ルネッサンス: 経済開放・民主化の光と影』 定価1800円+税(コモンズ)
ミャンマーの真実を知る決定版!

ミャンマーで20年間活動してきたブリッジエーシアジャパン(BAJ)代表根本悦子監修によるミャンマー最新刊。全国の書店でお求めできます。

国際協力だけでなく政府・企業などミャンマーに関わるあらゆる人の必須本!
●内容紹介
軍政から民主化への急激な転換が進むミャンマー
日本からの航空便も復活し、連日満員だ
「知らざれる国」から「アジア最後のフロンティア」へ
現地に精通した研究者・NGOが最新動向を伝える

●内容(「BOOK」データベースより)
アウンサンスーチー氏の思想と課題。改革最前線の最新事情。広がる格差、民族対立の克服。NGO活動から提起する支援のあり方。

●監修
根本 悦子(NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)代表)
工藤 年博(アジア経済研究所 主任調査研究員)

●ほか執筆者
根本 敬(上智大学外国語学部教授 (ビルマ近現代史))
広瀬 さやか(日本アセアンセンター)
タウン・ス・ニェイン(ジャーナリスト)
蓑田 健一(NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)理事)
森 晶子(NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ))
西垣 充(サネイインターナショナル代表)
中村 尚司(NPO法人パルシック理事)

ミャンマー・ルネッサンス: 経済開放・民主化の光と影
販売価格:1,890 (税込 , 送料別途)


2013.01.18

【いま必要です】 小さな図書室100プロジェクト ~図書室サポーター大募集

ミャンマーの小学校には、教科書以外に子どもたちが自由に読める図書がありません。
BAJが活動するミャンマー地方部では、テレビや新聞はなく、子どもたちが情報を手に入れるすべは限られています。

『小さな図書室100プロジェクト』では、ミャンマーの100の小学校に、子どもたちが自由に読むことができる図書約250冊と本棚を送ります。

BAJはこれまでミャンマーで19年に渡り、給水施設の建設やサイクロン被災地での倒壊修繕など、110以上の小学校を支援し関わりを持ってきました。その学校に通う子どもたちに、本を通じて未来と生きる力をプレゼントしたいと考えます。
あなたも図書室サポーターになって、一緒に子どもたちの可能性を応援してくださいませんか。

詳細・お申込みは→いま必要です

※BAJは2013年11月で設立20週年を迎えます。『小さな図書室100プロジェクト』はBAJ20週年記念プロジェクトです。


2013.01.16

【採用情報】 国内インターン(広報ファンドレイジング担当)募集


BAJでは、経験を積み実務能力や専門性をつけ、将来NGOのスタッフとして活動したいという方を対象に国内インターンを募集しております。


広報・ファンドレイジング、イベント企画運営、フルクル等を担当しながら、国際協力NGOの知識と経験を積むことができます。インターン期間中は、目標管理とメンタースタッフよる定期談により、キャリアアップをサポートします。

◆業務内容
NGO活動の理解と実務能力向上を目的とした、一般事務補助、
広報・ファンドレイジン活動、イベント企画・実施 等

◆期間
3ヶ月~(週3日以上)

募集の詳細、申込方法については、団体HPの採用情報をご確認ください。



2012.11.20

【寄付お願い】 冬募金にご協力をお願いします★☆彡


ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、アジアの人々との共生を目指して、ミャンマーとベトナムを中心に人々の自立を支援する活動を続けてきました。支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるよう、BAJは引き続き活動を継続してまいります。

この新たな年を迎える時期に、皆様方の温かいご支援とご協力をお願い申しあげます。 私たちはいま、貧困、難民、環境破壊など、国境を越えた世界規模の問題に直面しています。BAJはこうした解決が困難な問題に対し、地域から考え、地域で行動を始めることで、解決の道を探ります。

に日本と関係の深いアジアの人々と連帯し、健康で幸福な生活につながる環境を整え、アジアの人々との共生を実現するために、政治体制や宗教、民族言語、文化の違いを越えて、相互理解の架け橋となれるよう願いながら、4つの活動をしています。


1. 技術習得や能力強化の機会を提供

2. 収入向上を支援

3. 地域発展のための基盤整備

4. 環境の保全

支援を必要とする人々が自ら立ち上がり、生きていく力を身につけられるよう、BAJは「人材育成」と「技術移転」によって、継続的に寄り添いながら支援していきます。


お預かりした募金は、ミャンマー、ベトナム、東北の人々のために活用します。皆様方の温かいご支援とご協力をお願い申しあげます。


→『いますぐ寄付する


郵便振替・銀行振込による

お振込みはこちら



◇いまこそ「地方」に目を向けて◇


グローバリゼーションが世界を覆い、近年は日本とアジアの距離が一層縮まっています。同時に日本だけでなくアジア全体において、都市と地方の格差が広がり、地方部の問題はより深刻化し顕在化しています。

ブリッジエーシアジャパンはこれまで活動を続けてきた「地方=ローカル」に再度注目し、「地方」の潜在力を信じ「地方」を克服する取り組みにチャレンジしています。

◆近年関心が高まるミャンマーにおいては、地方部における人材育成と雇用創出に取り組み、都市部との経済格差の是正の視点から根強い民族融和問題の解決を目指しています。

◆ベトナム・地方部であるフエでは、小規模農家のグループ運営を支援し、循環型農業と地場産業を組み合わせた地方ブランドづくりと地域活性化に取り組んでいます。

◆東日本大震災被災地の岩手県では、震災をきっかけに地元で立ち上がったNPOへの運営面での強化をすることで、被災者への継続的なサポート体制を作っています。


地方を拠点としたこのチャレンジをやり遂げるため、今、あなたの力を必要としています。

募金へのご協力をどうぞよろしくお願いします。


※冬募金の受付期間:2012年11月15日~2013年1月31日まで

※BAJは認定NPO法人です。すべてのご寄付が税の優遇措置の対象となります。



◇あなたのご寄付が アジアのスマイルに!◇

ただいたご寄付は各地で以下の活動のために活用されます。


【ミャンマー】

水供給事業によって飲料水が確保されるだででなく、水汲みの時間が削減されることで子どもたちの就学や世帯の収入向上に結びついています。

【ベトナム】

子どもたちによる環境活動は、子どもの自立を育てるだけでなく、大人を巻き込んだ地域づくりに発展しています。

【岩手県】

東日本大震災被災地での支援を継続するには、地元NPOが地に足をつけて活動することが一番持続性を持ちます。地元NPOの組織強化をサポートしています。






2012.11.09

【11月9日更新】 ミャンマー・ラカイン州緊急人道支援の最新情報 


ラカイン緊急.png


ラカイン州人道支援募金にご協力いただき、誠にありがとうございます。

20126月初旬に発生したミャンマー西部・ラカイン州での民族間衝突を受け、BAJでは6月中旬より緊急募金の受付を開始し、現在までに1,388,064118日時点) のご寄付をいただきました。

集まったご寄付のうち、約100万円分は、現地政府機関を通じ、家を失って避難所で暮らしている方々への緊急用食料配布の支援に使用させていただきました。皆さまからの素早いご対応と、温かいご支援・ご協力、誠にありがとうございました。

残念ながら、10月中旬に、ラカイン州では再び仏教徒住民とイスラム教徒住民との間で大規模な衝突が発生し、多数の死傷者が出ています。 現地の最新情報と今後の支援について、引き続き本ページにてお知らせします。

 最新情報

8月上旬時点で、BAJのラカイン州における活動は、状況が不透明で見通しが立てにくいこと、そして現地スタッフをマウンドー事務所に呼び戻すのが困難であることをふまえ、2012年後半は休止することをお伝えしておりましたが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請により、車両・機械類を整備するメカニカル・ワークショップの活動については、最低限の人数で継続しております。

その後も、現地で活動を継続しているUNHCRとの協議を続けており、UNHCRから、衝突により家を失った地元住民を対象とし、住居建設の打診がありました。BAJは、マウンドーでの80棟の住居建設に向けて、政府関係者・UNHCRとの調整を進めています。

一方、1021日以降にラカイン州では民族衝突が再燃し、チャウピュー、チャウトー、ミンビャ、ミャウー、ミェーボン、パウトー、ラムリ―、ラティドンなど複数の地域で、仏教徒住民とムスリム住民の衝突が発生しました。10月末にミャンマー政府が出した発表によれば、1021日から30日の間に、89人が死亡、136人が負傷し、5,351棟の住居が焼き討ちにあい全焼しました。  

 

 2012年6月の民族間衝突以降のBAJの動き

2012年6月

201268日、ラカイン州の仏教徒住民とムスリム系住民の間で大規模な衝突が勃発。多くの死傷者が出る事態へと深刻化した。 

BAJは、長年この地域で、基礎インフラの建設や女性を対象とした裁縫訓練などの活動を継続してきたが、事態の急激な悪化に伴い活動を一時休止し、事務所も一時的に閉鎖した。

610日には、テイン・セイン大統領によりラカイン州全域に対する非常事態宣言が発令され、事態は一時沈静化した。集まったご寄付の一部は現地政府機関を通じた緊急用食料の配布に活用した。

2012年8月

ラカイン州のいくつかのタウンシップについて、夜間外出禁止令が解除されておらず、状況が不透明で見通しが立てにくく、現地スタッフをラカイン州北部の事務所に呼び戻すのが困難であることをふまえ、内部で検討を重ねた結果、2012年後半の同地域での活動を休止することを決定した。ただし、UNHCRの要請を受けて、マウンドーで、国連機関やNGOの使用する車両や機械類の修理・整備を、最小限の規模で継続することとなった。 

2012年9月

ラカイン州マウンドーおよびシトウェにて事業を実施しているUNHCRより、マウンドーにおける恒常的な住居(50棟)の建設依頼があり、BAJでは実施する方向で検討。

2012年10月

同月21日以降に、ラカイン州の複数地域にて民族衝突が再燃し、多くの死傷者が発生した。現地情勢について、情報収集を継続中。なお、UNHCRから依頼のあった住居建設は、予定棟数が80棟に変更され、建設が始動した。  

今後の状況については、引き続き本ページにてお知らせいたします。


 現在までの募金総額(118日時点)

   1,388,064


□ ラカイン州における民族間衝突に関する情報(まとめ)

  【ホームページ】


  【Facebook】
   ・国内報道のまとめ等の関連情報



2012.11.07

【投稿募集】つながるスマイル★フォトコンテスト@Facebook ~広げようアジアの笑顔



つながるスマイル★フォトコンテスト
@Facebook

2012年も残りわずか。
BAJは、みなさまのおかげで、今年もまた無事に1年を乗り越えることができそうです。
そんな支えてくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、Facebookフォトコンテストを開催します。

テーマは、あなたが伝えたい「アジアの笑顔」。
素敵な写真を自分だけの思い出にしておくのはもったいない!
アジアの素敵な笑顔を共有して、アジアの良さをたくさんの人に伝えませんか?
BAJ初心者の方も大歓迎です。
「いいね」や「シェア」で楽しくアジア体験しましょう!

送っていただいた写真はBAJのFacebookページで公開し、
優秀賞に選ばれた方には景品をご用意しております。
参加者にはもれなくBAJのイベントで使えるクーポン券をプレゼント!

app_10_511693792187975_373304657.gif







【募集要項】
<テーマ> 「アジアの笑顔」に関連する写真

<写真募集期間>
*写真募集期間:11月16日(金)~12月31日(月)
*いいね投票期間:~1月14日(月)
*BAJによる審査期間:1月15日(月)~1月20日(日)
*結果発表:1月21日(月)  BAJ・Facebookページ上で

※お送りいただいた写真は、BAJのFacebookページ上で順次公開し、みなさんに「いいね!」「シェア」を押していただくことによる公開投票を行います。最終結果は、「いいね!」「シェア」獲得数とBAJスタッフによる審査を勘案して決定します。
※BAJ賞(1名)、副賞(2名)には、ベトナム・ミャンマー雑貨セットをプレゼント!(予定)
※参加賞として、ご参加いただいたみなさまにBAJのイベントで使えるクーポン券をプレゼントします。

<募集規定>
? Facebookのアカウントを所持し、BAJのFacebookページにいいね!を押していること。
? 応募作品の撮影時期は問いません。
? 応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募時点で応募者に帰属するものに限ります。
? 応募作品は、ブリッジエーシアジャパンが行なう全ての広報活動で使用することがあります。
? 被写体の肖像権侵害などの責任は負いかねます。応募に際しては、必ず被写体本人の承諾および使用許可を得てください。

<その他>
? ご応募された写真について、BAJで内容が不適切と判断した場合、審査対象からの除外や掲載を差し控えさせていただく場合がございます。


<応募方法>
? 下記フォームに必要事項を記入し、こちらのメールアドレスまでお送りください
→ photo@baj-npo.org
? 応募は1人につき3枚まで可能です。
? クーポン券はお1人さま1枚とさせていただきます。
? 写真のサイズは1枚1MB以下でお願いします。

**応募フォーム**
件名:フォトコンテスト応募
氏名:
年齢:
所属:
写真のタイトル:
写真の撮影地(国・地域):
写真へのコメント:
***
※BAJのFacebookページへ「いいね」を押して応援してください!
まだの方は★こちらから


【ご質問・お問い合せ】
担当:高橋・松野
認定特定活動非営利法人ブリッジエーシアジャパン
〒151-0071 東京都渋谷区本町3-39-3 ビジネスタワー4F
TEL:03-3372-9777   FAX:03-5351-2395
お問合せはコチラまで
 


2012.11.06

【参加申込みを締切いたしました】11/30(金) BAJ交流会を開催します~1年の感謝をこめて


BAJ交流会は参加者が定員に達したため、参加の申込みを締切いたしました。何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。(2012/11/19



いつもBAJへ変わらぬご支援をありがとうございます。
毎年恒例 BAJ交流会のご案内です。

BAJ交流会は、日ごろお世話になっているボランティアの方たちやBAJをご支援くださっている皆さまへの感謝をこめた懇親会です。

毎年、スタッフや支援者の方たちが気軽に交流できる貴重な機会となっています。
これまでのBAJの活動をふり返りながら、皆さまといっしょに飲んだり、食べたり、楽しい時間を過ごしたいと思います。

ぜひ、この機会にご家族ご友人をお誘いあわせの上、ご参加くださいませ。
お会いできるのを楽しみにしています!!

お申し込み先など詳細は以下のとおりです。

日 時  : 11月30日(金)19時~21時
場 所  : ミス・サイゴン(ベトナム料理)
   東京都渋谷区道玄坂2-29-18 6F(渋谷駅から449m)
   電話:03-5489-3081
内 容  : ちょっとしたクイズと景品を用意しています
参加費  : 3,000円(料理+飲みもの3杯まで)
定 員  : 30名(定員に達したため締切いたしました)


【お申し込み・お問い合わせ】
ブリッジエーシア ジャパン
Eメール info@baj-npo.org
TEL: 03-3372-9777
FAX: 03-5351-2395
担当 新石・吉岡・松野

※ご参加の方は上記のメールアドレス(info@baj-npo.org)に参加希望の旨とお名前と人数をお知らせください。
※また交流会のお申し込み・お問い合わせは11月22日(木)までとさせていただきます。

お申し込み順の先着で予約を締め切らせていただきますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

去年の交流会の様子はコチラ




2012.10.04

【助成情報】トヨタ財団 2012年度アジア隣人プログラムの助成団体に決定!


公益財団財団法人トヨタ財団の2012年度アジア隣人プログラムの助成団体にブリッジエーシアジャパン(BAJ)が選考されました。

アジア隣人プログラムは今年度限定の特別企画として、「未来への展望」をテーマに、これまでアジアの各国で様々な実践活動に取り組んできた団体が、これまでの活動の振り返りをもとに、アジアと日本の未来に対する展望や提言等を、報告書としてとりまとめるプロジェジェクトへの助成です。

 アジア隣人プログラムの詳細はこちら


BAJは「アジアでの草の根活動 ―成功と失敗の経験から未来への展望を導く」と題したプロジェクトを実施します。

これまで活動してきたミャンマー・ベトナム・東北で活躍するスタッフが集まり、経験と成果、失敗や教訓をシェアし、今後のアジアとの連携のあり方についての提言のとりまとめを目指します。

今後は、年末から各国でのワークショップを開始し、来年4月には東京と東北で経験交流ワークショップと報告会を開催、秋には提言をまとめた報告書(ブックレット)の作成を予定しています。


2012年10月1日


2012.09.25

【満員御礼】シンポジウム 「ミャンマーへのシンポジウム」が終了しました

P9150026 (2) HP.JPG


9月15日(土)に開催したセミナーの報告です。

残暑厳しい中、虎ノ門の日本財団ビルにて

BAJ「ミャンマーの今を知る」連続セミナー最終
シンポジウムミャンマ期待
を開催しました。

 

今年度、BAJが開催してきた連続セミナー「ミャンマーの今を知る」は、急激な社会変化の中にあるミャンマーの現状を、草の根のNGOの視点から皆様にお伝えし、第一回、第二回とともに、参加者の方から好評を頂きました。

最終回にあたる本シンポジウムは、基調講演とパネルディスカッションの2企画で構成され、今まで以上の大きな盛り上がりを見せました。

 

プログラムの前半は、「村から考えるミャンマー」と題した基調講演で、
高橋昭雄東京大学東洋文化研究所教授から、
これまであまり知られていないミャンマー農村社会の特質について報告をいただきました。

民間企業やNGOに関わらず、ミャンマーの地方で活動する際のヒントが満載の講演でした。

 P9150093 HP.JPG

続くパネルディスカッションでは、ミャンマーに深くかかわってきた各界の識者による意見交換がなされました。パネラーは、前半で登壇した高橋教授に加え、

公益財団法人オイスカ事務局長の永石安明氏、

外務省の佐々山拓也氏(南東アジア・大洋州部東南アジア第四課課長)

JICAの府川賢祐氏(東南アジア・大洋州部東南アジア第四課課長)、

JETROの小島英太郎氏(海外調査部アジア大洋州課課長代理)、

JETROアジア経済研究所の工藤年博氏(研究企画部主任調査研究員)

というそうそうたる顔ぶれでした。

ディスカッションの進行役であるBAJの根本悦子代表からの、

「民主化は本物か?」「日本ならでは援助とは?」といった多様な問いに対しては、

刺激的な議論が交わされました。

 

東京ブログで詳細がご覧になれます!

 

シンポジウム後の懇親会は、学生から企業経営者まで、多様な参加者が自由に交流する場となりました。

(写真はフェイスブックからご覧いただけます!)

 

残念ながら今回参加できなかった方にも、500円で当日配布資料を販売しております。

ミャンマーに関心を持つ方にとって、絶対に見逃せない貴重な情報が満載です

資料送付をご希望の場合は、info@baj-npo.orgまで、「資料希望」とご一報下さい!


2012.09.11

【明日開催】 9/15(土) シンポジウム~ 『ミャンマーへの期待』 基調講演・パネルディスカッション・懇親会


受付は締めきりとなりましたが、若干数当日参加も可能です。

★パネルディスカッションに外務省アジア太州局南部アジア部東南アジア第1課課長佐々山拓也氏の参加が決定しました。

ぜひご参加ください。


+++++++++++++++++++


BAJ「ミャンマーの今を知る」連続セミナー第3回

シンポジウム『ミャンマーへの期待』

 

ミャンマーの民主化が急速に進むなか、その動向が世界中から注目されています。日本政府はODA再開を表明し、今後は民間も含めて資金投入や制度支援など、ミャンマーとの新たな多様な関係構築が予想されます。一方でブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、20年余りに渡りミャンマーの国境地域や中央乾燥地域で住民とともに開発支援活動を行ってまいりました。その経験をふまえ、今年には「ミャンマーの今を知る」連続セミナーを2回実施し、ミャンマー国内の現状や住民たちの暮らしの様子、そして経済情勢の最新動向について情報をお伝えし、多くの皆様から反響をいただきました。

最終回にあたる本シンポジウムは「ミャンマーへの期待」と題し2つのセッションで構成します。基調講演では、高橋昭雄東京大学東洋文化研究所教授よりミャンマー農村社会の特質について報告をいただきます。後半のパネルディスカッションでは、長くミャンマーと関係を持つ各セクターからパネラー参加いただき「10年後のミャンマーへの期待」と題して、激動のミャンマーと日本の関係性について今後目指すものや配慮すべき点等について意見交換をおこないます。

本シンポジウムでの経験が、ミャンマーと日本の長きにわたる良き関係構築を考える緒となり、今後始まるすべての政府開発援助やNGOおよび民間による様々な支援活動、そして日本企業による経済市場進出が、ミャンマーの発展に資するものとなり、また人々の暮らしに正のインパクトを与えることを期待します。


【概要】

日時2012915日(土)13:301800

会場:日本財団 会議室AB (107?8404東京都港区赤坂1丁目22号日本財団ビル)

主催:特定非営利活動法人ブリッジ エーシア ジャパン

協力:日本財団・JUNKO Association

定員100名 

参加費:一般 5,000 / BAJ会員 3,000 / 学生 2,000(全て懇親会費含む)


【プログラム】

13301340 開会挨拶

13401440 基調講演・高橋昭雄教授(東京大学東洋文化研究所) 

講演タイトル「村から考えるミャンマー」

14401450 休 憩

14501620 パネルディスカッション・テーマ「10年後のミャンマーへの期待」

パネリスト:根本悦子(特定非営利活動法人ブリッジ エーシア ジャパン理事長)

永石安明(公益財団法人オイスカ専務理事・事務局長)

府川賢祐(独立行政法人国際協力機構東南アジア・大洋州部東南アジア第四課課長)

           工藤年博(JETROアジア経済研究所研究企画部主任調査研究員)

             小島英太郎(JETRO海外調査部アジア大洋州課課長代理) (敬称略)

16201630 閉会挨拶(日本財団より)

16451800 交流会 (同会場) ※会場内にてポスター展示・書籍類販売の予定


【申込先】

メールでinfo@baj-npo.orgまで氏名・所属・連絡先をお知らせください。

お申し込み後、参加費の事前振込みをお願いいたします。

(9/11以降お申込みの方は当日会場受付にて)


【主催・問合先】

特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン

151-0071 東京都渋谷区本町3-39-3ビジネスタワー4

TEL:03-3372-9777 FAX:03-5351-2395 HP: www.baj-npo.org/

担当 高橋・原


お問い合わせフォームからのお申込みはこちらから

同時にBAJ会員へ申込みされる方はこちらから




2012.08.21

【採用情報】 国内インターン募集

BAJでは、経験を積み実務能力や専門性をつけ、将来NGOのスタッフとして活動
しようという方を対象に国内インターンを募集しております。

□業務内容
NGO活動の理解と実務能力向上を目的とした、一般事務、広報・ファンドレイジン
グ活動、イベント企画・実施 等

募集の詳細は、当団体HPの採用情報をご確認ください。




2012.08.07

【9/9(日)】オリジナル ミャンマーの張り子人形をつくろう! 参加者募集中!


ミャンマーで伝統的なおもちゃと言えば、張り子(はりこ)の人形です。

動物の形をしていたり、子どもの形をしていたり、大きな顔だったり、
紙でできた人形は、1つ1つていねいに手作りされ、どこへ行っても愛されています。

そんな動物の張り子に、色紙をはったり、カラフルに絵付けする、文化体験教室を開催します。
お子様でも簡単に参加できる内容となりますので、親子でのご参加、お待ちしています!

※当日は同イベントスペースにて、ミャンマーの衣装体験コーナーも設置予定です!

DSC02087.JPG


■「オリジナル ミャンマーの張り子人形をつくろう!」

日時:9月9日(日) (1) 10:30 - 12:00  (2) 13:30-15:00
場所:東京おもちゃ美術館 1Fイベントスペース
対象:5歳以上のお子様がいる親子12組(各回)
参加費:1組500円(一組につき二つ制作が可能です。)

お申込み:完全事前予約制となります。

東京おもちゃ美術館ホームページより、お申込み下さい。
※当団体へのお申込みは受けかねますので、必ず下記リンクよりお申込みいただきますようお願いいたします。
http://www.goodtoy.org/ttm/event/special.html (東京おもちゃ美術館イベントページ)

IMG_4971.JPG
<< 完成品例 >>

主催:東京おもちゃ美術館
協力:ブリッジ エーシア ジャパン


2012.07.17

8/23(木)ランタン で だんらん !? ランタン作りワークショップ参加者募集

人に・資源に エコな生活を目指します!

ランタン作りワークショップ 参加者募集

ランタン写真2.jpg


身近にある素材を使い、世界に一つだけの

『オリジナル ランタン』作りに挑戦してみませんか?

出来上がったランタンはお持ち帰りいただけます。

夏の夜、オリジナルランタンで飾られたろうそくの灯りを囲んで、

家族で話す団らんのひと時を過ごしましょう♪♪♪


このワークショップはいつもは捨ててしまうペットボトルや

包装紙などでランタンを作りながら、

ベトナムで実践中の循環型社会について学ぶことができます。


・・・最近家族みんなで「いだだきます!」していないな~

・・・今年もアツーい、みんなはどうやってエコしてるの?

・・・最近よく聞く循環型社会って本当にできるのかなぁ...

・・・夏休みの工作!どうしよう(泣) 


そんなアナタはぜひ「ランタン で だんらん!?」へ!

夏の思い出に、家族のおでかけに、夏休みの宿題にもぴったりです!


持ち物

 ・使用済みペットボトル(2リットル・角型)

 ・ハサミ

 ・包装紙

 ※ろうろく、色紙、クレヨン等はBAJで用意しますが、

  色や絵をつけるために使いたいセロファンや水性ペンなどがあれば

  ご持参ください。絵具や油性マジックは使用できません。

スケジュール

 8月23日(木) 15:00集合 16:30解散予定

会場

 コラボカフェ渋谷(各線渋谷駅/表参道駅から徒歩7分) 地図はこちら

参加費(ベトナムのお茶・お菓子付き)

 大人1,500円  子ども1,000円(ハサミが使える年齢であること)

 *家族のおでかけや夏休みの宿題にもぴったりです!

定員

 16名(先着順)

締め切り

 8月16日(木)


お問い合わせフォーム よりお申込みください。


担当:伊藤・関口・吉岡



2012.07.11

【8/23(木)一日限定カフェ】ベトナムおうちカフェDE国際協力

ベトナム、ミャンマー、東北で活動するBAJの日限定カフェが青山通りにオープン!

BAJはべトナムにおいて、持続可能なコミュニティをつくるため、
地域の人々と長年活動してきました。
とえば、農家の人々と一緒に、豚の糞尿を
肥料や燃料として活用する仕組みを整えることで、
より環境に優しく、同時により快適で安全な暮らしを実現する、
これもBAJがベトナムで行っている支援の一例です。
詳細は「ベトナムの活動」ページをご覧ください。
 
この夏の「おうちカフェ」では、日本の旬の素材を活かした特性ベトナム料理と
スイーツを楽しみながら、BAJの活動に触れることができます。
カフェの売上は、経費を除いてすべてBAJの活動資金にあてられます。
おいしいランチを食べながら気軽な国際協力はいかがですか? 

【日時】2012年8月23日(木)11:30~16:30(ラストオーダー16:00)
※下記アドレスにエコ宣言を送ってくださった方はランチを100円引きいたします!
 eco★baj-npo.org(★を@に替えてメールをお願いします)
 ・メールには必ず氏名をご記入ください
 ・エコ宣言は、ブログ、Facebookで公開致します。
※15:00~大人も子どもも楽しめるランタン作りワークショップを開催します!参加者募集中です!

【会場】
渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F
東京メトロ「表参道」駅より徒歩7分 JR渋谷駅より徒歩7分

●「ベトナムおうちカフェDE国際協力」は、BAJ夏募金キャンペーン
「子どもと大人でつくるなつかしくて新しい未来」の一環です。

【お問いあわせ】
認定特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
〒151‐0071渋谷区本町3-39-3 ビジネスタワー4階
TEL: 03-3372-9777   FAX: 03-5351-2395 担当:吉岡・関口


2012.07.09

【7/14(土)】環境ボランティア見本市@国連大学にブース出展します


環境ボランティア見本市は、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)が主催する環境ボランティアをやってみたい市民と、環境団体の出会いを提供するイベントです。

BAJは今年ブースを初出展します。BAJがベトナムで取組む環境活動の紹介やボランティア参加の方法について説明をします。

ブースの場所は広場一番奥の真ん中です。他参加団体による親子で楽しめるワークショップや体験コーナーもあります。
ぜひ遊びにきてください。

○日時:平成24年7月14日(土)10:00~16:00
○会場:国連大学中庭・GEOC
○目的:環境ボランティア活動を希望する市民・企業と、環境NPO等のマッチングイベント
○参加費:無料

イベント詳細についてはこちら


2012.06.18

【7/7(土)】アジアにかける橋~ミャンマー・ベトナム合同報告会

政治体制の変化により、急激に変革を遂げつつあるミャンマー。
エコツーリズムなど、その資源に視点を当て、活用し始めたベトナム。
両国で続けてきたBAJの活動は、もうすぐ20年目を迎えます。

今回は現地の人々が暮らす「環境」に焦点をあて、ミャンマー駐在の森と
ベトナム連絡員の片山による合同報告会を開催いたします。

活動を行うことで、人々の暮らしはどう変わるのか!?

報告会の後には交流会も予定しておりますので、そちらも併せてご参加ください。

【報告内容】
片山恵美子(BAJベトナム連絡員)
「ベトナム中部フエ市での、家畜糞尿を利用した
バイオマスエネルギーの普及と農村エコツアーの促進に関する活動について」

森晶子(BAJミャンマー国代表)
「ミャンマー南東国境地域での給水事業および保健衛生教育事業から
見えてくる現地の住環境について」

【プログラム】
13:00- 受付開始
13:30- 代表挨拶/根本悦子
(BAJ理事長)
13:35- ベトナム活動報告/片山恵美子
14:25- 休憩
14:35-  ミャンマー活動報告/森晶子
15:40- 交流会
16:30  閉会

【参加費】
1,000円(資料代・交流会参加費)

【申し込み方法】
事前にメールにてinfo@baj-npo.orgまで
①ご氏名、②所属、③連絡先、④人数、⑤交流会参加予定
をお知らせください。

【申し込み締め切り】
7月4日(水)

【会場】
地球環境パートナーシッププラザ1階セミナースペース

住所: 150-0001 渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
TEL:  03-3407-8107  
FAX:  03-3407-8164
最寄駅: 表参道駅 徒歩5分/渋谷駅 徒歩10分

【主催・申し込み・お問い合わせ】
認定特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン
〒151‐0071渋谷区本町3-39-3 ビジネスタワー4階
TEL: 03-3372-9777   FAX: 03-5351-2395 担当:山木・束村


2012.06.17

【7/12(木)】座談会「輝け!地元パワー ~ベトナムと岩手 地域づくりの経験交流~@岩手」を開催します

BAJのベトナム駐在スタッフが岩手県を訪問し、地域づくり活動の経験を共有して、よりよい地域づくりを目指すための座談会を開催します!

ベトナムでの環境活動や地域づくりを行なっているBAJ、また岩手県で震災からの復興のために地域づくり活動を行なっている2つの団体が、それぞれの「地元」にかける思いを語り合います。

ベトナム・フエ市と岩手県の「地元」同士がつながり、「地元」から世界へ共に発信していきましょう。これからは「地元パワー」の時代です!

 

【座談会】

テーマ:「地元」がつくる未来

    ~魅力あふれる地域づくりに向けて~

【登壇者】

片山恵美子(BAJベトナム連絡員)

菊池真吾(NPO法人さんさんの会代表)

田中正道(予定)(一般社団法人おらが大槌夢広場スタッフ)

 

【日時】

2012712日(木)19002100

【会場】

028-1115 岩手県上閉伊郡大槌町上町6-3

おらが大槌夢広場内 おらが大槌復興食堂 

TEL&FAX:0193-55-5120

地図:http://www.oraga-otsuchi.jp/hukkou/index.html

【主な交通機関】
大槌町民バス 停留所:中公入口付近

岩手県交通  停留所:中央公民館入口

お車でのご来場も可能です。

 

【プログラム】

18:30 - 受付開始

19:00 -  BAJのベトナムでの活動のご紹介/片山恵美子

19:30 -  座談会

21:00 -  閉会 

 

【参加費】なし  

【申し込み&お問合せ】 お問合せフォームよりお申込みください。

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

【申し込み締め切り】  79日(月)

【担当】新石・荒殿・多田・伊藤



2012.06.12

【緊急】ミャンマー・ラカイン州緊急人道支援募金のお願い


BAJの最大の活動現場であるミャンマー北西部ラカイン州のマウンドーで68日、イスラム系住民と仏教徒住民の衝突事件があり、次第に拡大して治安が悪化し、ついに10日、テイン・セイン大統領がテレビを通じてラカイン州全土に「非常事態宣言」を発するに至りました。

 

現地からの情報によれば、周辺住民は家を焼かれて住居を失い、くの死傷者が出ているようですが、未だに実数の把握は難しい状況にあります。また、避難した住民の食料や飲料水が不足しており、BAJは事態の鎮静化を見守りながら、緊急人道支援を開始することを決定しました。

 

ミャンマーは今、まさに政治、経済ともに激動の時代にあり、これまでの軍政から脱却を図りながら、経済の再建を図ることで民主化への道を模索している状況にあります。今回の暴動を契機に、民主化への道が阻害されるようなことがあってはならないと考えます。

 

BAJは、民族が錯綜するラカイン州という難しい地域で、仏教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒、キリスト教徒、精霊信仰など多様な民族からなるローカルスタッフ約70名を擁して、地域の開発に携わってきました。その結果、民族融和の契機となる下地を作ってきたものと自負してきましたが、今回の事態に直面し、速やかな復興こそ緊急の課題であると痛感しています。

 

 避難した住民への食料や飲料、毛布などの生活用品の配布を実施するための活動資金として、緊急募金をおこないます。

 一人でも多くの方のご支援をたまわりたく、ここにお願いを申しあげます。                                    

              特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン

                      理事長 根 本 悦 子



●●● 募金受付先 ●●●

【銀行振込(円)】
銀行名 三菱東京UFJ
支店名 新宿新都心支店
普通 1175953

【銀行振込(USドル)】
銀行名 三菱東京UFJ
支店名 新宿新都心支店
普通 0002648

【クレジットカード】
こちらより「ラカイン州緊急人道支援募金」をお選びください

【ゆうちょ振替】
支店名 西新宿四郵便局
郵便振替口座 00130-1-739924
口座名 ブリッジエーシアジャパン

※BAJは認定NPO法人です。すべてのご寄付は寄付金控除などの税制措置の対象になります。
入金確認後、受領証を発行いたします。氏名、連絡先をフォームよりお知らせください。



・ラカイン州治安悪化に関するBAJからの緊急声明文はこちら

最新情報は「ブリッジエーシアジャパン緊急支援活動募金」のFacebookページで更新します
FBラカイン.jpg









2012.06.11

【速報】ミャンマー・ラカイン州の治安情勢悪化に対するBAJ緊急声明

  6月8日、ミャンマー北西部のラカイン州国境地域のマウンドーで、イスラム系住民の金曜礼拝のあと、5月にラカイン州南部で起きた仏教徒女性のレイプ殺人事件とその後に起きた63日のイスラム系住民に対する報復と思われる殺人事件を発端にした抗議行動があり、その後大規模な暴動に発展しています。


610日の午後、この事態を受けてミャンマー国営テレビでテイン・セイン大統領が演説を行い、ラカイン州全土に非常事態宣言を出し、軍を投入して沈静化をはかろうとしています。


背景には、仏教徒とイスラム教徒の根深い対立があり、これまでも放火や傷害事件などがラカイン州北部では度々起きていました。

 

BAJは1995年よりこのラカイン州マウンドーで、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の事業委託団体として、1992年から93年にかけてバングラデシュへ難民として流出したイスラム系住民の帰還をサポートし、帰還民の職業訓練や、さらにこの地域のインフラ整備として学校や橋の建設を行ってきました。


BAJのマウンドー事務所には日本人スタッフ1名と、仏教徒やイスラム教徒、さらにヒンズー教徒や少数民族など多様なローカルスタッフ約70名を擁して、UNHCRや他の国際NGOと協力しながら、この地域の開発事業に携わってきました。

 

今回、焼き打ちや虐殺などの治安情勢悪化による非常事態を受け、全ローカルスタッフを自宅待機とし、BAJマウンドー事務所を閉鎖して日本人スタッフもヤンゴンに一時避難することを進めています。

 

BAJでは現在、情報を収集し、関係機関と連絡をとりながら事態を注視しているところです。

事態の沈静化に伴い、必要となる緊急救援を開始する予定です。

 

 

611日(月)1230分                 


                                                                                     特定非営利活動法人

                                                                                     ブリッジ エーシア ジャパン



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

Announcement:

BAJ is Calling for Emergency Relief for the Worsening Security in Rakhine State, Myanmar

 

July 11, 2012

On Friday, June 8th, as a response to an incident in May involving the rape and murder of a Buddhist woman, a large scale riot occurred at the border area of the Northeastern Rakhine State (NRS),

In the afternoon of June 10th, president Thein Sein declared a state of emergency in Rakhine State through the state-run TV in Myanmar. The government has deployed the national army to the area and already brought the case under control. Constant antipathy between Buddhists and Muslims has led to many incidents of arson and assault in the NRS in the past.

During the period of 1992 to 93, the local population in the NRS moved out to Bangladesh as refugees. After returning to the area XX months after, the United Nations High Commissioners of Refugees (UNHCR) began implementing programs to support those returnees. As an implementing partner of UNHCR, BAJ started its vocational trainings in 1995, and has continued work in NRS ever since. The BAJ Maungdaw office, composed of one Japanese staff member and 70 local employees, including Buddhists, Muslims, Hindus, and other ethnic minorities, has collaborated with UNHCR and other international NGOs for the development of this area.

However, as a result of the worsening security in the NRS, the office has been closed. The local staff has been told to stand by within their homes, and the Japanese manager has been temporarily evacuated to Yangon.

Based on the information provided by a local staff member in Maugndaw, the surrounding houses in the area have been burned down, and the local population is suffering from severe water and food shortages.

Currently, BAJ is collecting all available information, while communicating closely with related organizations and agencies in order to understand the situation most accurately. Once the situation is calm and stabilized, BAJ plans to start emergency relief that will be necessary in the near future.


Non-Profit Organization  BRIDGE ASIA JAPAN




2012.06.10

【委託通信販売はじめました】ミャンマーラカイン州からの裁縫作品

日頃よりBAJへのご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

BAJの裁縫訓練コース修了生の作った作品が
「ミャンマー雑貨thitsa(テッサ)」さんのウェブサイトで通信販売ができるようになりました。

BAJの活動地域のひとつ、ラカイン州北部は人口の約8割がイスラム教徒で、
仏教徒のラカイン人、ヒンドゥー教徒、少数民族の人たちなどが暮らす、
民族構成が複雑な地域です。
→詳細は「難民・女性」のページをご覧ください

NRS_IG2.jpg

この地で女性を対象とした裁縫訓練コースが行われています。
貧しく差別などで困難を抱えている女性たちが技術を身につけ、
自信を得たり収入を向上させたりできるように、
また日常では関わることがほとんどない他民族の人たちとの
交流・民族融和の場ともなっています。

商品の購入やご寄付などを通して、彼女たちへのご支援を
どうぞよろしくお願いいたします。


2012.06.05

古着の寄付なら『フルクル』へ~いらなくなった古着を送って国際協力&被災地支援!


 ブリッジ エーシア ジャパン(
BAJ)では、着なくなった古着(男性用・女性用・子ども用)やカバン、靴などを募集しています。


 寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はBAJのミャンマー、ベトナム、東北での支援活動にあてられます。集まった古着は海外(主に東南アジアと中東各地、一部がアフリカに)に輸出され、再利用されます。


古着をダンボールに詰めて以下の住所へご送付ください。送料はご負担いただいておりますのでご了承ください。

======< 古着の送付先 > ======

   〒662-0934

   兵庫県西宮市西宮浜3-14-4

      BAJ倉庫 日光物産気付

      TEL 03-3372-9777

============================


古着のなかには一部お引き受けできないものもあります。

送れるもの・送れないものを下記URLでご確認ください。

http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

 企業とのパートナーシップ

タンスに眠っている古着を役立てませんか?

収益は国際協力や東北支援に役立ち、古着は海外で再利用されます。

たくさんの古着の寄付を募集しています。

みなさまのご協力をお願いします!!


※送料はご負担いただいておりますのでご了承ください。



2012.06.01

【いま必要です】 子どもとおとなでつくる 「なつかしい未来」~夏募金にご協力お願いします

2012BAJ夏募金キャンペーン


いま、ベトナムでは、急速な経済発展の影で貴重な価値が

失われようとしています。

ベトナムの農村に残る地域の伝統を、語り継がれる知恵を、

昔から変わらない環境を守るためには、あなたのご支援が必要です。


詳細はこちらをご覧ください。



2012.05.30

【満員御礼】6/9(土)「ミャンマーの今を知る」連続セミナー第2回 【受付を締め切りました】

本セミナーは、ご好評につきお申し込みが定員に達しましたので、受付を締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。


連続セミナー第二回の詳細はコチラをご覧ください。



2012.05.22

6/23(土) 『ベトナムおうちごはんDE国際協力』 を開催します!


ベトナム料理を作って食べながら、エコについて学ぶ料理会を開催します!

 

メニューはズバリ・・・

★鶏肉のレモングラス煮

★野菜たっぷり生春巻き

★ベトナム風小松菜炒め

★魚の酸味スープ 

 

レストランで食べる機会はあっても、なかなか自分で作ることのないベトナム料理

ベトナム料理初心者からディープベトナム好きの方までみんなで楽しく調理しませんか

レシピ&ベトナム風ふりかけのお土産付きです

 

参加費の一部はBAJへの寄付として、

ベトナム・ミャンマー・東北での支援活動に使わせていただきます。

お腹も心も満たされるイベントにぜひご参加ください!!

 

ベトナムおうちごはんDE国際協力

日 時 : 2012623() 11:0015:30

場 所 : 文京アカデミー向丘

(東京メトロ南北線 東大前駅より徒歩5分 もしくは 千代田線 根津駅より徒歩7分)

     東京都文京区向丘2-5-7 地図は こちら

参加費: 大人 3,000円(食事・資料・お土産代込み。収益はBAJへの寄付となります。)

      3歳以上~小学生 500

      大人2人でお申込みの場合  ペア割 5,500

定 員 : 30名(先着順)

締 切 : 2012618()

お申込み・問合せ: 認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン

            お問い合わせフォーム よりお申込みください。

            Tel:03-3372-9777

           

担当:伊藤・荒殿



2012.05.01

ブリッジエーシアジャパン 一般事業主行動計画 (第1回)を策定しました

特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパンは、以下の行動計画(第1回)を策定し、2010年5月22日東京都労働局宛に提出いたしました。



++++++++++++++++++++

2010517



   特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン

一般事業主行動計画 (第1回)

 

 職員の男女を問わず、仕事と家庭を両立させて充実した生活を過ごせるよう、また、長期にわたって勤務が可能となるよう、職場環境の整備を進める。

 

1、計画期間  201051日~2012430日(2年間)

2、内 容 

 

 【目標1】

  妊娠・出産にかかわる女性労働者の健康の確保について、制度の周知や情報を提供し、働きやすい職場環境づくりを進める。

 

  対 策

  20105月~6    ワークバランスについて職場内の状況を検討する

  20106月~10   資料類の整備、職員勉強会の実施

 

 【目標2】

  有給休暇の取得について、とくに夏期の長期休暇を各自が取得するよう情報の共有化を進める。

 

  対 策

  20105月~6    過去の休暇取得状況を把握する

  20107月~9    年次有給休暇の計画的付与を制度化する

  20111月~3    更なる年次有給休暇の取得促進を検討する

  

  

 【目標3】

  次世代育成のための「インターンシップ制度」を明文化する。

 

  対 策

  201010         職員勉強会を通じて規程(案)を作成

  20114          規程の策定・実施



2012.05.01

タンスの整理をしたら・・~古着を寄付して国際協力&東北支援ができます!


 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、着なくなった古着(男性用・女性用・子ども用)やカバン、靴などを募集しています。


 寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はBAJのミャンマー、ベトナム、東北での支援活動にあてられます。集まった古着は海外(主に東南アジアと中東各地、一部がアフリカに)に輸出され、再利用されます。


古着をダンボールに詰めて以下の住所へご送付ください。送料はご負担いただいておりますのでご了承ください。

======< 古着の送付先 > ======

   〒662-0934

   兵庫県西宮市西宮浜3-14-4

      BAJ倉庫 日光物産気付

      TEL 03-3372-9777

============================


古着のなかには一部お引き受けできないものもあります。

送れるもの・送れないものを下記URLでご確認ください。

http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

 企業とのパートナーシップ

タンスに眠っている古着を役立てませんか?

収益は国際協力や東北支援に役立ち、古着は海外で再利用されます。

たくさんの古着の寄付を募集しています。

みなさまのご協力をお願いします!!


※送料はご負担いただいておりますのでご了承ください。



2012.04.18

6/9(土)「ミャンマーの今を知る」連続セミナー第2回 開催~ 『ミャンマー・地域の経済~2つの視点から』 【キャンセル待ちです】

【お詫び】

本セミナーは、ご好評につき只今キャンセル待ちの状態となっております。

お申し込みいただいた方には、キャンセルが出次第、順次ご案内をさせていただいております。ご了承ください。

2012/5/30

______________________________________________


 ミャンマーでは昨今政治体制が大きく変化し、国際社会のミャンマーへの関心が高まってきています。日本では対ミャンマーODAの再開が表明され、民間企業の参入も活発になりつつあります。しかし日本で得られる情報は限定的であり、複雑なミャンマー国内の様子を知ることは相変わらず難しい状況です。

ミャンマーで1995年から国際協力活動をしている認定NPO法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は連続セミナー「ミャンマーの今を知る」を開催し、刻一刻と変わりゆくミャンマーの現状と課題、それを取り巻く環境と背景について、報告と議論を交えて明らかにしていきます。本連続セミナーは年内に3回の開催を予定しています。

     セミナー第1回目の様子はこちら2012317日開催)

======================================

 

BAJ「ミャンマーの今を知る」連続セミナー


第2回『ミャンマー・地域の経済~2つの視点から』


ミャンマーを取り巻く経済環境の変化と日本企業の動きについてJETROの小島氏が、また村落部での地域開発をすすめてきたBAJの視点からコミュニティサポートと人材育成について束村(BAJ事務局長代行・理事)が発表をし、最後に質疑応答(約30分)をおこないます。



【日 時】201269日(土)1330-1530
【場 所】国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟・第2ミーティングルーム アクセス

【プログラム】

                   1310- 受付開始
       1330- 代表挨拶
       1340- 講演
                    Ⅰ)小島 英太郎 氏/日本貿易振興機構(ジェトロ) 
                          海外調査部アジア大洋州課 課長代理

              仮題『ミャンマーのビジネス環境と日本企業の動向』

                    Ⅱ)束村 康文 氏/ブリッジエーシアジャパン
                      事務局長代行/BAJ常務理事

              仮題『NGOの経験からみたミャンマー村落部の地域開発の課題』

       1450- 質疑応答

       1520- まとめ・閉会

       1600- 懇親会(会場・費用は別)

【参加費】 一般2,000円/BAJ会員1,500円 (資料代込)

※お申し込み後、事前振込をお願いします


【定 員】 50
【申込み】 事前にこちらから氏名・所属・連絡先・人数をお知らせください

※定員に達し次第もしくは65日正午に受付を締め切ります

※事前申込みなしの方は、当日空席がある場合のみ先着順で受け付けます。

【お問合せ】 特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン
        〒151-0071 東京都渋谷区本町3-39-3ビジネスタワー4
        
TEL:03-3372-9777 FAX:03-5351-2395

 ご質問お問い合せはこちらまで


タナカを塗った子どもたち.jpg

人気のセミナーですので、ご参加希望の方はお早めに申込みください。
 
「ミャンマーの今を知る」連続セミナーの参加申込は→こちら★★フォームより




【第2回セミナー発表者・発表要旨紹介】

◆小島 英太郎(こじま えいたろう):1997年より日本貿易振興機構(ジェトロ)職員。現在、海外調査部アジア大洋州課課長代理。2007年~2011年にヤンゴン事務所長としてミャンマー駐在。

ミャンマーは、20113月末にテインセイン政権が誕生してから、国内の政治情勢が目まぐるしく変化しております。それとともに欧米の姿勢も変化し、ビジネス投資環境としても注目を集め始めました。そのような情勢変化を、政治、経済面から捉えつつ、日系企業の動向についても確認していきたいと思います。

◆束村 康文(つかむら やすふみ):1993年よりBAJ職員。1995年~1998年、20002003年、2009年~2011年にミャンマーに駐在、BAJミャンマー国代表など務める。現在、東京で主に海外事業の企画運営に携わる。

ミャンマーの村落部では、基本的なコミュニティインフラ(水やアクセスなど)の不足は、村の発展の阻害要因になっています。また、地域で役立つ技術を身につけ、雇用を生み出していくことも重要です。BAJの村落部での活動の事例を紹介しながら、村をとりまく環境を改善し、人材を育成することについて話をしたいと思います。




2012.04.02

【いま必要です】地元の「あきらめない」を支える~東日本大震災復興支援募金のお願い


◆BAJだからこそできる被災地支援のかたち◆


震災から1年が経ち、長期的復興にむけて被災地にいま必要なのは「地元でがんばる若い支援グループの成長と自立」です。ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)はNPOの先輩として、被災地の地元支援グループ「さんさんの会」のキャパシティビルディングをサポートします。

 

東日本大震災復興支援募金にご協力をお願いします。

→【いま必要です



2012.03.28

4/13(金) BAJミーティング in 関西 を開催します!


関西圏にお住まいの支援者の方々とのミーティングを大阪で開催します。

ホームページ、ニュースレター(BAJ通信)、メルマガだけでは伝えきれない支援現地の様子や国内での動きを紹介し、ざっくばらんにご意見をうかがいます。

参加無料です。


~★~BAJミーティング in 関西~★~

【日時】2012年4月13日(金)15:00-16:30

【場所】大阪府環境情報プラザ・小会議室
 
    アクセス 

【内容】①BAJの活動紹介・パワーポイントによる写真上映など
           高橋(BAJ東京・国内事業)

    ②質疑応答・意見交換


関西にてBAJの活動詳細を聞くことができる稀少な機会です。

お近くにお住まいの方はぜひご参加ください。



【お申込】問合せフォームより氏名、連絡先をお知らせ下さい。




     


2012.03.14

新・BAJメールマガジンがスタート! 購読登録を受付中


2012年3月12日より、BAJメールマガジンが新しくなります。

リニューアルし、BAJの活動現場の様子をはじめャンマー・ベトナム・東北での最新情報、イベント案内、ボランティア募集、採用情報などを月に1~2回お届けします。

NGO活動の最前線がわかる『BAJメールマガジン』、ぜひご購読ください。

★登録は、本ホームページ右下のフォームから★
 姓、名、メールアドレスを入力のうえ、「登録」を選択し、「送信」を押してください。
 (登録はかんたん30秒で終了!)

 ※ご登録いただいた情報については、第三者に無断で開示することはございません。



これまでのまぐまぐメールマガジンご登録の方は、お手数ですが右下フォームより再登録をお願いいたします。

なお、まぐまぐメールマガジンは2012年6月で終了いたします。





2012.03.09

【満員御礼】 3/17(土)「ミャンマーの今を知る」連続セミナー第1回


BAJ主催「ミャンマーの今を知る」連続セミナー第1回のお申込みが定員に達しました。ありがとうございます。


現在新規のお申込みに関しては「キャンセル待ち」となっております。ご了承ください。


*************************


 ミャンマーでは昨今政治体制が大きく変化し、国際社会のミャンマーへの関心が高まってきています。日本では対ミャンマーODAの再開が表明され、民間企業の参入も活発になりつつあります。しかし日本で得られる情報は限定的であり、複雑なミャンマー国内の様子を知ることは相変わらず難しい状況です。

ミャンマーで1995年から国際協力活動をしている認定NPO法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は連続セミナー「ミャンマーの今を知る」を開催し、刻一刻と変わりゆくミャンマーの現状と課題、それを取り巻く環境と背景について、報告と議論を交えて明らかにしていきます。本連続セミナーは年内に3回の開催を予定しています。


第1回セミナーの概要を以下にお知らせします。貴重な情報が得られる機会に是非ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<BAJミャンマーの今を知る連続セミナー>

 

第1回「ミャンマー・地域の現状と課題~NGOの視点から~」

 

日頃知ることのできないミャンマー村落部について、ミャンマーに15年以上関わっている国際協力NGOのスタッフが、それぞれの経験から考えるミャンマーの村のニーズと課題について考察します。

【日時】2012317日(土)15001640

【場所】女性就業支援センター 第2セミナー室

    〒108-0014 東京都港区芝5-35-3 TEL03-5444-4151 

    アクセス:http://www.joseishugyo.go.jp/shisetu/access.html 

    JR田町駅三田口(西口)から徒歩3

     /地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅 A1出口から徒歩1

【参加費】500

【申込み】事前にメールでinfo@baj-npo.org まで

          ご氏名、所属、連絡先、人数をお知らせ下さい。


【プログラム】

14:45-     受付開始

15:00-15:05 主催者挨拶/根本 悦子(BAJ理事長)

15:05-15:45 発表①/竹久佳恵

      (AMDA社会開発機構・海外事業部プログラムマネージャー)

15:45-16:25 発表②/辻 富紀夫 (BAJミャンマー・ラカイン州

         マウンド-事務所シニアプログラムマネージャー)

16:25-16:40 質疑応答

17:30-     懇親会(会場・参加費は別


※一部発表者に変更がありました。ご了承ください。

 


今後も以下のセミナーを予定しています。合わせてご参加ください。


○第2回「ミャンマー経済環境の変化~経済支援・民間の視点~」20126月頃

○第3回「ミャンマーシンポジウム~報告・パネルディスカッション等」2012年秋頃


2012.03.01

みんなともだち ぬりえコンテスト 入選作品発表!!

 

「みんなともだちぬりえコンテスト」 入賞作品発表!!


昨年11月から2012年1月末まで開催したぬりえコンテストに、170作品のご応募があり

様々な「ばじろー」と「ばじこ」が届きました。


最終審査が2月21日に東京おもちゃ美術館でおこなわれ、多田館長を審査委員長として

学芸員さんやBAJの理事・スタッフ7名で一次審査を通過した40作品の中から

最優秀賞1作品、優秀賞3作品、入選7作品を選びました。

 

そして、とても素敵な作品が多かったので、急きょおもちゃ美術館特別賞BAJ特別賞

つくり、各1作品ずつ選びました!

 

最終選考の様子と入選作品はこちらをご覧ください。
全13作品、渾身の力作揃いです。

13作品の他にも本当に素敵な作品がいっぱい。

その1部を以前のブログ記事でご紹介していますのでご覧ください→→

選ばれた13名の方には後日、「ばじろー」のぬいぐるみや東京おもちゃ美術館の優待券、

ミャンマーのおもちゃなど賞品が届きますのでお楽しみにお待ちください。

また、応募された方全員にBAJ通信が1年間届きます。




2012.02.21

第13回 BAJ総会のご案内 ・3/17(土)13:00~


第13回BAJ総会を下記の通り開催します。

2011年の活動報告と、2012年度の事業計画について報告及び審議をおこないます。


BAJ総会にはBAJ個人会員・団体会員以外の方もオブザーバー参加が可能です。

参加ご希望の方は、問合せフォームよりお申し込みください。


【第13回BAJ総会】

日時: 2012317日(土) 13時14時30分

会場: 女性就業支援センター 第2セミナー室 

       住所108-0014 東京都港区芝5-35-3 
       最寄駅:JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分/
       地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅 A1出口から徒歩1 
       TEL03-5444-4151

  プログラム:
       12:45~    受付開始

       13:00~13:45 2011年度事業活動報告・決算報告(案)

       13:45~14:30 2012年度事業活動計画・予算計画(案)

 



 国内外で注目が高まっているミャンマーの現状についてBAJスタッフ他が講演します。こちらもぜひご参加ください。


 また講演会終了後には、会場を移して懇親会(会費4,000円程度)を計画しております。

 BAJスタッフ、理事、セミナー発表者らとの交流を深めます。合わせてご参加ください。


********************************************

       15001640 BAJ主催ミャンマーの今を知る連続セミナー
 
                 第1回 「ミャンマー・地域の現状と課題~NGOの視点から~」

       17:30~     懇親会 (会場・会費別途)



問合せフォーム










2012.02.10

東日本大震災復興支援・BAJ中間報告書ができました-負けないぞ東北つながるぞBAJ-

東日本大震災から11ヶ月を迎えました。

BAJは2011年3月からこれまで岩手県の地元有志グループ「さんさんの会」と
「SAVE IWATE」と共に取り組んできた被災地支援活動をまとめ、
中間報告書を発刊しました。

++++++++++++++++++++++++

『東日本大震災復興支援・BAJ中間報告書』
  -負けないぞ東北つながるぞBAJ-

 全24ページ・オールカラー (写真はこちら)

 【目次】
  ・BAJの活動
  ・立ち上がった地元の人たち
  ・さんさんの会
  ・まごころキッチン陸前高田
  ・SAVE IWATE
  ・みなさまからのご支援
  ・第1フェーズを終えて
  ・会計報告

ご希望の方には、実費分(500円)+送料でお譲りしています。

問合せフォームよりお申し込みください。

 ※氏名、住所、必要冊数をご連絡ください。
 
 ※これまでBAJ東日本大震災支援募金にご寄付いただいた方には、
2月20日より順次発送いたします。いましばらくお待ちください。

 ※数量に限りがありますので、お早めの申込みをお願いいたします。



★BAJ中間報告書申込み→ 問合せフォーム


+++++++++++++++++++++++


被災地では緊急支援の段階を終えて、仮設住宅を中心とした復興へ向けた
歩みが始まっています。皆様からのご支援を受けながら、BAJは引き続き
岩手での支援活動を続けていきます。


「BAJは、困難の中で立ち上がる人々を支援します」

引き続き、BAJ東日本大震災支援募金にご協力お願いいたします。





2012.02.01

お引越しで古着を処分する前に「フルクル」へ!

           

          フルクルお引越しキャンペーン 実施中!


23月はお引越しシーズン。古着を処分する前に「フルクル」に寄付して、

国際協力に役立てませんか?BAJでは、「フルクルお引越しキャンペーン」

古着を大募集中!

 

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者に買い取られ、その収益はBAJ

ミャンマー、ベトナム、東北での支援活動にあてられます。古着は海外へ輸出され、

再利用されます。

 

「フルクルの流れ」をよくお読みいただき、梱包・発送をお願いします。送れるもの、

送れないものがありますので、ご注意ください。詳細はこちら


<ご注意!>

  送付先は兵庫県のBAJ倉庫となっております。万が一、BAJ

  東京事務所に送付いただいた場合は、返送させていただくことが

  ございますのでご注意ください。

  運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただき

  ますようお願いします。

  一度お受けした古着は返却できませんので、ご注意ください。




2012.01.27

3/17(土)「ミャンマーの今を知る」連続セミナー開催のお知らせ -第1回


 ミャンマーでは昨今政治体制が大きく変化し、国際社会のミャンマーへの関心が高まってきています。日本では対ミャンマーODAの再開が表明され、民間企業の参入も活発になりつつあります。しかし日本で得られる情報は限定的であり、複雑なミャンマー国内の様子を知ることは相変わらず難しい状況です。

ミャンマーで1995年から国際協力活動をしている認定NPO法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は連続セミナー「ミャンマーの今を知る」を開催し、刻一刻と変わりゆくミャンマーの現状と課題、それを取り巻く環境と背景について、報告と議論を交えて明らかにしていきます。本連続セミナーは年内に3回の開催を予定しています。


第1回セミナーの概要を以下にお知らせします。貴重な情報が得られる機会に是非ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<BAJミャンマーの今を知る連続セミナー>

 

第1回「ミャンマー・地域の現状と課題~NGOの視点から~」

 

日頃知ることのできないミャンマー村落部について、ミャンマーに15年以上関わっている国際協力NGOのスタッフが、それぞれの経験から考えるミャンマーの村のニーズと課題について考察します。

【日時】2012317日(土)15001640

【場所】女性就業支援センター 第2セミナー室

    〒108-0014 東京都港区芝5-35-3 TEL03-5444-4151 

    アクセス:http://www.joseishugyo.go.jp/shisetu/access.html 

    JR田町駅三田口(西口)から徒歩3

     /地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅 A1出口から徒歩1

【参加費】500

【申込み】事前にメールでinfo@baj-npo.org まで

          ご氏名、所属、連絡先、人数をお知らせ下さい。


【プログラム】

14:45-     受付開始

15:00-15:05 主催者挨拶/根本 悦子(BAJ理事長)

15:05-15:45 発表①/竹久佳恵

      (AMDA社会開発機構・海外事業部プログラムマネージャー)

15:45-16:25 発表②/辻 富紀夫 (BAJミャンマー・ラカイン州

         マウンド-事務所シニアプログラムマネージャー)

16:25-16:40 質疑応答

17:30-     懇親会(会場・参加費は別


※一部発表者に変更がありました。ご了承ください。

 


今後も以下のセミナーを予定しています。合わせてご参加ください。


○第2回「ミャンマー経済環境の変化~経済支援・民間の視点~」20126月頃

○第3回「ミャンマーシンポジウム~報告・パネルディスカッション等」2012年秋頃



2012.01.24

【採用情報】東京事務所職員1名・ミャンマー駐在員数名

BAJ東京事務所の職員(1名)とミャンマー駐在員(数名)の採用情報を更新いたしました。

詳細はこちら





2012.01.18

【ミャンマー洪水】 ミャンマー洪水被災地緊急物資配布 第2フェーズ開始



2011年10月下旬にミャンマーで起きた大規模な洪水被害を受け、ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は
マグウェ管区セイピュー郡の8ヶ村で、緊急物資の配布を行い、11月末に第一フェーズの活動を完了しましたが、
その後もニーズ調査を行い、ミャンマー政府の開発局とも協議を重ねた結果、
セイピュー郡の14ヶ村での物資配布事業を、ジャパン・プラットフォームの資金を活用して、本日より開始しました。


事業名: 「ミャンマー マグウェ管区セイピュー郡における洪水被害者のための緊急物資配布事業」
期間: 2012年1月18日~3月3日
地域: ミャンマー マグウェ管区セイピュー郡
事業内容:  ① 住居補強のための物資配布
② 水くみ用バケツ配布
③ 子ども・教師に対する教育関連物資の配布
④ 主要な農作物である玉ねぎの種の配布


この活動の様子は、当団体ホームページやブログにて随時報告します。



第一フェーズの様子はこちら


2012.01.16

東日本大震災支援活動パネル展示 in 横浜 (1/28~2/12)


来年2月11日、12日に開催されるよこはま国際フォーラム2012の特別展示として、「東日本大震災復興支援 ~世界から横浜から広がる災害支援のリンク~」が開催されます。

その中でBAJの東日本大震災支援活動のパネルも展示されます。
閲覧は無料です。横浜にお越しの際は是非お立ち寄りください。

【期間】 1月28日(土)~2月12日(日)
【場所】 JICA横浜 1階ギャラリースペース
      〒231-0001横浜中区新港2-3-1 アクセス>>


また、よこはま国際フォーラム2012の1日目(2/11)にはBAJとさんさんの会による座談会も開催されます。こちらも合わせてご参加ください。



      


2011.12.27

2/11東日本大震災支援座談会 『震災から一年 ~ みんなあづまって はなしっこ すっぺし』



ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、2011年3月の東日本大震災をうけて初めての国内活動となる岩手県での支援活動を開始しました。震災からもうすぐ1年を迎えるにあたり座談会をおこないます。


はじめに、BAJがサポートする岩手県大船渡市で震災直後から支援活動を始めた地元有志グループ「さんさんの会」のメンバーが、これまでの経験と課題、"被災地の今"について紹介をします。


その後、BAJとさんさんの会による座談会では「これからの東北とまちづくり、私たちにできること」について会場の皆さんと一緒に考えます。


ご参加の方には講演資料として「BAJ東日本大震災支援活動中間報告書」を配布予定しています。


 場 所:JICA横浜国際センター4階 セミナールーム4階

 時 間:15:00~16:50 (14:55受付開始、16:40終了予定)

 参加費:500円(資料代)


※この座談会は「よこはま国際フォーラム2012」の中のセミナーとして開催されます。
 ご参加にはフォーラムへの事前参加申込みと、当日はフォーラム入場料(500円/2日間有効)が必要となります。また各セミナーへのご参加は当日の先着順となっております。

 よこはま国際フォーラム2012のHP

 フォーラム事前参加申込みはこちら

 FBイベントページはこちら





2011.12.25

1月20日(金)&30日(月) 出張ぬりえコンテスト~ミャンマーの曜日占いつき~


2011年11月1日から2012年1月31日まで開催している
"みんなともだち ぬりえコンテスト"

11月の"東京おもちゃまつり"での、その場で応募できる出張バージョンが好評だったので、
1月にも東京おもちゃ美術館にて2日間開催します!!


出張ぬりえコンテスト~ミャンマーの曜日占いつき~

日時:2012年1月20日(金) 13:00~15:30、1月30日(月) 10:00~15:30
場所:
東京おもちゃ美術館 2Fおもちゃ工房
アクセス:東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」2番出口より徒歩7分(
地図
対象:3才~小学生

参加費:無料(東京おもちゃ美術館への入館料が必要となります。)


ミャンマーの曜日占い!?
気になりますね。
出張ぬりえコンテストでは、ぬりえ以外にもいろいろと楽しめるコーナーが皆さんをお待ちしています。

「みんなともだち ぬりえコンテスト」コーナー
BAJキャラクターのくまのばじろーとばじこに色を塗ってコンテストへ応募!
コンテストで入賞すると豪華賞品があります!!

「ミャンマー曜日占い&ミャンマー文字でネームカード作り!」コーナー

自分が何曜日生まれか知っていますか?

ミャンマーでは生まれ曜日はとっても重要!

生まれ曜日で名前を付けたり、性格や相性の占いをしたり、参拝する動物が違ったり。

このコーナーで、自分が何曜日生まれか調べてみましょう。

ネームカードに生まれ曜日の動物のスタンプを押したり、ミャンマー文字自分の名前を書いたり。

ネームカードはお土産にお持ち帰りいただけます♪


「ミャンマーのおもちゃと民族衣装」コーナー

ミャンマーのおもちゃや民族衣装を展示します。

ミャンマーの子どもたちはどんなおもちゃで遊んでいるのでしょう?

どんな服を来ているのでしょう??

ぜひご覧ください。




2011.12.12

1月28日(土) おいしく覚えるミャンマー語 サーメー!

ミャンマー料理レストランでランチを楽しみながらミャンマーを知るイベントを開催します!!

 

最近ニュースでよく話題に上がる、ミャンマー。

ミャンマーってどんな国?

ミャンマーを旅行するには?

ミャンマー料理ってどんな味?

ミャンマー語って?

ミャンマーの曜日占い...?

 

知られていないことの多いミャンマーについて、文化を知り、簡単なミャンマー話を覚えます。

ミャンマー好き初級者からどっぷり上級者(びるきち)まで、みんなでお話しませんか。


参加費の一部はBAJへの寄付となります。

お腹と頭と心が満足できるイベントに、ぜひご参加ください!

 

おいしく覚えるミャンマー語 サーメー!

日 時 : 2012年1月28日(土) 12:00~15:00

場 所 : ミャンマー料理ミンガラバー(高田馬場駅より徒歩2分)

      東京都新宿区高田馬場2-14-8 NTビル3F 地図はこちら

参加費: 3,000円(食事・資料代込み。500円が寄付となります。)

定 員 : 10名(先着順)

締 切 : 1月18日(水)

お申込み・問合せ: 認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン

             メール お問い合わせフォーム でんわ 03-3372-9777

            パソコン www.baj-npo.org

担当:高橋・大須


1つでも"私だ!"と思う方はぜひご参加ください!

  ↓

ミャンマーが好き
ミャンマー料理を食べてみたい
ミャンマーについて全然知らない
曜日占いが気になる

"サーメー""びるきち"って何?



2011.12.01

お家に眠っているもの大募集!~使わないもの、役立ちます~

 

書き損じハガキ、未使用テレフォンカードなど、お家に眠っているものはありませんか?

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では下記のものを集めています!

 

●書き損じハガキ

●未使用切手

●未使用商品券

●未使用プリペイドカード

●未使用テレフォンカード

※使用済みは集めていません。

 

お送りいただいたものは金券ショップで換金し、

東北、ミャンマー、ベトナムで活動するための資金として使用させていただきます。

 

年賀状や大掃除のこの時季、使わなくなったものを

まとめて寄付してみませんか。


送付方法:

1.お手持ちの封筒、またはこちら からダウンロードした封筒をご利用ください。

  (ダウンロードの場合はPDFを裏表印刷をしてください。)

2.氏名、住所、メールアドレス、電話番号をご明記のうえ、下記送付先へお送りください。


送付先:

〒151-0071東京都渋谷区本町3-39-3ビジネスタワー4F

認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン

 

お問い合わせ先:

メール お問い合わせフォーム でんわ 03-3372-9777 パソコン www.baj-npo.org


※受領証をご希望の方はBAJへご連絡ください。領収証は発行しておりません。ご了承ください。

※いただいた個人情報については、BAJの関係資料の送付に利用させていただく場合があります。



2011.11.14

【ミャンマー洪水】 緊急支援に関する情報一覧

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は、1019日にミャンマー中部で発生した

洪水被害に対し、救援物資の配給を開始しました。

 

1026日より、「ミャンマー洪水緊急募金」開設し、支援の呼びかけを行いました。

 

初期の緊急物資配布活動に関しては、以下の◇第1フェーズ◇をご覧ください。

 

◇ 第1フェーズ ◇

2011/12/13           【ミャンマー洪水】緊急支援活動 完了報告

2011/11/14           【ミャンマー洪水】緊急支援活動 進捗報告004

2011/11/9            【ミャンマー洪水】緊急支援活動 進捗報告003

2011/11/4            【ミャンマー洪水】緊急支援活動 進捗報告002

2011/11/1            【ミャンマー洪水】緊急支援活動 進捗報告001

2011/10/26           ミャンマー洪水緊急募金のお願い

 

 

その後、ジャパン・プラットフォームの助成を受けて、緊急支援物資配布(第2フェーズ)

を再度行いました。

 

◇第2フェーズ◇

2012/3/15            【ミャンマー洪水】 緊急支援活動フェーズ2 完了報告

2012/2/21            【ミャンマー洪水】 ミャンマー洪水被災地緊急物資配布 第2フェーズ 進捗状況

2012/1/18            【ミャンマー洪水】 ミャンマー洪水被災地緊急物資配布 第2フェーズ開始

 

今後は被災地域での学校建設を予定しています。

皆さまからの引き続きのご支援をおまちしています!

 

 



2011.11.11

Facebookファンページをオープンしました



BAJのイベント、ブログ更新、最新ニュースを随時アップしています。
Facebookユーザーは是非ご利用ください。



ミャンマー洪水支援活動のニュースをまとめて掲載しています。
期間限定ファンページです。

「いいね!」お待ちしています。







2011.11.09

12月17日(土) おいしく覚えるベトナム語 ンゴーン!

 

ベトナム料理レストランでランチを楽しみながら簡単な会話を学ぶイベントを開催します!!

 

「安くして!」

「辛さ控えめで。」

「お腹が痛いです。。。」

など現地へ行ったときにお役立ちの言葉を実践を交えながら覚えます。


ベトナム好き初級者からどっぷり上級者まで、みんなでお話しませんか。

 

参加費の一部はBAJへの寄付となります。

お腹と頭と心が満足できるイベントに、ぜひご参加ください!

 

おいしく覚えるベトナム語 ンゴーン!

日 時 : 2011年12月17日(土) 11:30~15:00

場 所 : ベトナム料理ミス・サイゴン(渋谷駅より徒歩5分)

      東京都渋谷区道玄坂2-29-18 6F 地図はこちら

参加費: 3,000円(食事・資料代込み。500円が寄付となります。)

定 員 : 10名(先着順)

締 切 : 12月7日(水)

お申込み・問合せ: 認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン

             メール お問い合わせフォーム でんわ 03-3372-9777

             パソコン www.baj-npo.org

担当:大須・伊藤


1つでも"私だ!"と思う方はぜひご参加ください!

  ↓

ベトナムが好き
もうすぐベトナムへ旅行にいく
とにかくベトナム料理が好き
いつかはベトナムに行ってみたい
ンゴーンって何?

 



2011.11.01

みんなともだち ぬりえコンテスト 作品大募集!!

 

 

BAJでは昨年に引き続きぬりえコンテストを開催します。

 

"みんなともだち ぬりえコンテスト"

作品募集

入賞作品はBAJのニュースレター「BAJ通信」に掲載します。

豪華賞品も盛りだくさん、ぜひ、ご応募ください。


最優秀賞:1名

 ◆「ばじろー」のぬいぐるみ

 ◆東京おもちゃ美術館の優待券2枚

優秀賞:3名

 ◆東京おもちゃ美術館の優待券1枚

 ◆ミャンマー&ベトナムグッズ

入選:7名

 ◆ミャンマー&ベトナムグッズ

参加賞:応募者全員

 ◆BAJ通信を1年間お届けします


応募要項

募集作品:「ばじろー」か「ばじこ」に色をぬってください。
        「ばじろー」って?「ばじこ」って?→*クリック! 左クリック

作品サイズ:A4

応募方法:1.応募用紙&記入用紙をプリントアウトする

         下記の応募用紙「ばじろー」と「ばじこ」のどちらか1つと

         記入用紙をプリントアウトしてください。

         応募用紙「ばじろー」 or 応募用紙「ばじこ」 

               記入用紙

       2.イラストに色をぬる

       3.記入用紙になまえ等を書く

       4.応募する

         応募用紙と記入用紙を下記の送り先へ郵送してください。

送り先:認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ) 「ぬりえコンテスト」係

     〒151-0071東京都渋谷区本町3-39-3 4F

応募資格:0才~小学生

締め切り:2012年1月31日(火)必着

発表:2012年3月発行「BAJ通信」、ホームページにて

お問合せ:メール お問い合わせフォーム でんわ 03-3372-9777 パソコン http://www.baj-npo.org

主催:認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)

協力:東京おもちゃ美術館




2011.10.31

2010年度年次報告書(英語版)がダウンロードできるようになりました


2010年度年次報告書(英語版)がBAJホームページ英語版
右端メニューよりダウンロード可能になりました。

英語でBAJのことをご紹介する際に、ぜひご活用ください。




2011.10.26

ミャンマー洪水緊急募金のお願い


1019日(木)、ベンガル湾からミャンマーとバングラデシュの国境地域に上陸した

サイクロンの影響による豪雨で、ミャンマー中部で大規模な洪水被害がありました。

 

現地の報道によれば、ミャンマー政府当局者は215人の死亡を確認したとしており、

地元住民は、行方不明者の死亡が確認されれば死者数は300人に達すると予想

しています。

 

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、被害はマグウェ管区、マンダレー管区、

サガイン管区に及び、約35,000人が被災し、被害が最も大きいマグウェ管区では

2,770棟もの家屋が損壊したとのことです。また、約2万人が暮らすマグウェ管区の

セイピュー郡の25の村では、約3,700棟が水に浸かり、うち1,200棟ほどが流された

との情報もあります。

 

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では1025日(火)、マグウェ事務所から4トン

トラックで救援チームをセイピュー郡タンユワマ村に派遣し、インスタントラーメン、

缶詰、油、塩、ビスケット、石鹸などの救援物資の配給を行いました。


現地の最新の情報はミャンマー駐在員ブログ をご覧ください。


BAJは、今後もさらに被災地域での緊急救援活動を進めていきます。東京事務所では

1段階として100万円を目標に緊急募金活動を開始します。皆様の温かいご支援を

よろしくお願い申し上げます。


◇募金受付先◇

【楽天銀行】

[支店名]ワルツ支店(204)

[口座番号]普通 7025837

[口座名]トクヒ)ブリッジエ-シアジャパン

 

【ゆうちょ銀行】

[支店名]西新宿四郵便局郵便

[振替口座]00130-1-739924

[口座名]ブリッジエーシアジャパン

※ゆうちょ銀行以外の口座からお振込みいただく場合

[店名]〇一九(ゼロイチキュウ店)

[口座番号]当座 0739924

[受取人名]ブリッジエーシアジャパン

 

クレジットカードでのご寄付はこちらをクリック。


お手数ですが、お振込みの際には氏名、連絡先をお知らせ下さい。

BAJは認定NPO法人です。皆様からのご寄付は「寄付金控除」の

対象となります。

 

集まった緊急募金と現地支援活動の様子は、ホームページ、ブログ、

メルマガ等で随時報告していく予定です。引き続き、BAJへのご支援を

よろしくお願い申し上げます。




2011.10.19

ホームページを一部リニューアルいたしました


本日、ホームページを一部リニューアルいたしました。

今年から始まった「フルクル」古着リサイクルプログラムや東日本大震災の支援活動を
日本の活動ページとものを寄付するページで紹介しています。

ご感想・ご提案を募集しています!お問合せフォームまでお願いいたします。



2011.10.12

10月1日(土)~17日(月)STAND UP TAKE ACTIONに参加しよう!BAJも初参加


「スタンド・アップ テイク・アクション(STAND UP TAKE ACTION)」(以下、スタンド・アップ)は、

「貧困をなくしたい」という思いを世界のリーダーたちに伝えるため、毎年、世界貧困デー

1017日)前後に人々が立ち上がるキャンペーンです。

189ヵ国のリーダーたちが達成を約束したミレニアム開発目標の実現をめざします。


このキャンペーンでは、「貧困をなくす」という意思をスタンド・アップ(=立ち上がり)、

テイク・アクション(=行動する)ことを呼びかけています。そして、その意思を表示した

人々の写真を集めてリーダーたちに届けるという取り組みです。

日本では、NGO 64団体が参加する「動く→動かす」がスタンド・アップを主催しています。

1015日(土)には、東京・表参道でライブやパレードが開催されます。詳細はこちら


101日(土)~17日(月)の間に、まわりのみなさんと一緒に"スタンド・アップ テイク・アクション"をして、

「貧困をなくしたい」という思いを届けませんか。手順はこちら


BAJでも1011日、事務所でスタンド・アップをしました!その時の様子はこちら




2011.10.07

11/05・06 東京おもちゃまつりに出店します!

 

11月に東京おもちゃ美術館で開催される"東京おもちゃまつり"にBAJが初出店します!

おもちゃまつりは、遊びとおもちゃの縁日が全国から集合。

おもちゃや絵本を作ったり遊んだり、大道芸を楽しんだり、マジックを教えてもらったりと

みんながたっぷり楽しめるイベントです。

 

BAJのブースでは「民族衣装を着よう!」コーナーと「くまの"ばじろー"ぬりえ」コーナーを開催。

「民族衣装を着よう!」コーナーでは、ミャンマーの民族衣装を着ながら

ミャンマーの水おけをかついで写真を撮ります。(参加費300円)

撮った写真&ミャンマーのポストカードをプレゼント!

参加費の一部はBAJの活動への寄付となります。

「くまの"ばじろー"ぬりえ」コーナーでは、昨年にひきつづきBAJキャラクターの

ばじろーに色を塗ってコンテストへ応募できます。(参加費無料)

お土産や入賞賞品もありますのでお楽しみに!

 

"東京おもちゃまつり"

日時:2011年11月5日(土)&6日(日) 10:00~16:00

場所:東京おもちゃ美術館

アクセス:東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」2番出口より徒歩7分(地図

入場料:500円(2才以下は無料、期間中の2日間は何度でも入場できます)

 



2011.10.04

10/22・23 よこはま国際フェスタ2011に出展します

BAJはよこはま国際フェスタ2011に初出展します。

開放感あふれる海辺の公園で、国際協力や国際交流にかかわる団体・機関が100以上参加する国際フェスタです。

BAJは入り口すぐの「復興支援ゾーン」にて、東日本大震災支援活動、ミャンマーやベトナムの活動紹介をおこないます。会場中央の『復興支援館』では、東日本大震災支援活動のパネル展示もおこないます。

そのほか会場では、ステージでは民族音楽や舞踊を、食販ゾーンでは世界各国の料理を楽しむことができます。

お近くの方にかかわらず、皆さん是非来場ください。お待ちしています。

 日時: 2011年10月22日(土)・23日(日)
      10:30-17:00
 場所: 神奈川県横浜市 象の鼻パーク・波止場会館
      [アクセス]みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分
            JR・横浜市営地下鉄関内駅より徒歩15分
 主催:よこはま国際フェスタ2011プロジェクト
     入場無料

 ウェブサイトはこちら→よこはま国際フェスタ2011




2011.08.08

9/7(水) NGOと地元有志 ~それぞれの支援の成果と課題~

BAJ東日本大震災活動報告会

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は、東北各地に大きな被害を及ぼした東日本大震災を受け、

私たちの生活基盤である日本の、この困難な状況に対し、国内での緊急復興支援を開始しています。


4月から、岩手県大船渡市のさんさんの会と協力して、大船渡市の避難所や仮設住宅、

さらに在宅の被災者の方々に、栄養バランスを考慮したお惣菜を届ける支援を行っています。

また、6月からはSAVE IWATEと協力して、陸前高田市のドライビング・スクールの厨房を活用し

「まごころキッチン」という名称で、市内の避難所や仮設住宅へお惣菜の調理・配達を実施しています。


つきましては、来る2011年9月7日(水)、震災直後からこれまでの経緯、被災者のニーズ、支援の内容、

て直面している困難について報告会を開催いたします。

岩手県で実際に活動にあたっているメンバーにもお越しいただき、現地の生の声をお届けいたします。


この活動は皆様からのご寄付とJPFからの助成金により事業を実施しています。

ぜひ皆さまのご参加をお待ちしています。


【スピーカー紹介】

山﨑 純(さんさんの会 代表 岩手県大船渡市)
大船渡市のイタリアンレストランのシェフ。お店はかろうじて津波を免れ、震災
直後から炊き出しを開始。その後、地元の有志たちと「3.11三陸気仙復興協議会
(通称 さんさんの会)」を結成。避難所の一つのリアスホールの厨房を拠点に
市内全域の避難所や在宅避難者に対して物資やお惣菜を届ける活動を始め、現在
も仮設住宅等への支援活動を継続中。

及川一輝(SAVE IWATE メンバー 岩手県盛岡市)
岩手県盛岡市の地元コンサルタント「邑計画事務所」の研究員。
震災後、盛岡を拠点に物資配給等の支援活動を行っている「被災者支援
チームSAVE IWATE」に参加。陸前高田市におけるBAJとの配食事業
「まごころキッチン陸前高田」の調整員として活動中。

根本悦子(BAJ代表 東京)
ブリッジ エーシア ジャパン代表。『成長の限界』を発表したローマクラブ・東
京事務所が置かれていた社団法人の事務局に勤務し『技術と経済』という月刊誌
の企画編集を経て、妊娠をきっかけに「食の安全」に関心を広げ『まともな食べ
物ガイド』を出版。『女のネットワーキング』『ふれあいの医療ガイド』など市
民活動のデータ本を手掛ける。その後、NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン設
立の際に代表理事に就任。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<詳細>
日時: 2011年9月7日(水) 18:30~20:45
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」 徒歩7分

参加費: 500円(資料代)
定員: 100名

スピーカー: 山﨑 純さん(さんさんの会・大船渡市)/及川 一輝さん(SAVE IWATE・盛岡市)/根本 悦子(BAJ代表)

<お申込み方法>
電話またはHPのお問い合わせフォームからお申込みください。
※報告会で特にお聞きしたいことがございましたら、コメント欄にご記入ください。

<お申込み・お問合せ>
認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン
TEL: 03-3372-9777
担当者: 山木・新石
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



2011.06.08

【東日本大震災】 本日から岩手県陸前高田市で配食がスタート!


岩手県陸前高田市で、被災者の方々に栄養バランスを考慮した惣菜を

届けるプログラム「まごころキッチン陸前高田」SAVE IWATEの協力で、

本日、スタートしました!


1回目のメニューは「肉じゃが」です。

 

陸前高田市内のドライビング・スクール厨房を活用して、お惣菜の調理と

配達を行なっていきます。まごころキッチンメンバーのみなさんの写真はこちら


調理担当のみなさん、配達をするドライバーさんたち、SAVE IWATE

ドライビング・スクールの方々のご協力でスタートすることができました。


随時、活動の様子をお伝えいたします。

 

引き続き、BAJ東日本大震災緊急募金へのご協力をお願いいたします!




2011.06.03

【東日本大震災】 岩手県で配食事業を拡大!


  ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は、4月上旬より、岩手県大船渡市の

タリアン・レストランのシェフを中心とする「3・11三陸気仙復興委員会(さんさんの会)」

と協力して、大船渡市・陸前高田市の避難所等にいる被災者の方々に、栄養バランスを

考慮した様々な副食を届ける支援を行なってきました。


今後、BAJは、引き続きさんさんの会と協力して大船渡市での配食を行うと同時に、

陸前高田市では、SAVE IWATEいう団体と協力して、ドライビング・スクールの厨房を

活用して副食の調理・配達を実施していきます。

 

SAVE IWATEは、震災の直後、盛岡市在住の有志6人により発足した被災地支援チームで、

救援物資の仕分け・配送、情報提供、ボランティアの受け入れ・派遣、チャリティ・イベントなど、

幅広い支援活動を展開してきています。BAJは、SAVE IWATEとの協力で、被災者に下着や

調理道具などの救援物資の配給を行なっていくことも計画しています。


さんさんの会との活動をベースとして、520日からはジャパン・プラットフォーム※から

   助成金も活用して、BAJは配食事業を拡大展開しています。

    ※ジャパン・プラットフォームは、NGO、民間企業、政府、メディア等が連携して迅速かつ効果的に人道支援を行う

      システムで、BAJ20114月に加盟しました。

 


  引き続き、みなさまのあたたかいご支援・ご協力をお願いいたします。





2011.04.20

!!東日本大震災に関する情報!!

 

     負けないぞ 東北

     つながるぞ BAJ

 

3月11日に東北地方太平洋沖において国内観測史上最大の地震が発生いたしました。

被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

また亡くなられた方々に対し、衷心よりお悔やみ申しあげます。

 

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は長年アジアの人々との共生をめざして様々な活動を行って参りました。

現在はベトナムとミャンマーにおいて事業を行っておりますが、私たちの生活基盤である日本の、

この困難な状況に対し、国内での緊急復興支援を開始いたしました。

 

東日本大震災におけるBAJの活動等は下記よりご覧ください。


2012/12/21 活動報告9月~11月 ※一部12月も含む

2012/09/11 活動報告6月~8月

2012/06/07 活動報告3月~5月

2012/03/12 活動報告1月~2月

2012/02/13 2.11座談会のご報告

2012/02/10 東日本大震災復興支援・BAJ中間報告書ができました

2012/01/16 東日本大震災支援活動パネル展示 in 横浜(1/28~2/12)

2012/01/04 活動報告11月~12月

2011/12/27 2/11東日本大震災支援座談会『震災から一年~みんなあづまってはなしっこすっぺし』

2011/10/21 活動報告9月~10月

2011/09/26 報告会を行ないました

2011/08/24 活動報告

2011/08/04 配食活動 進捗のご報告

2011/07/27  「まごころキッチン陸前高田」活動のご報告

2011/07/22 ベトナムの子どもたちからの応援メッセージカードを岩手へ

2011/07/19 さんさんの会 仮設住宅での物資配布について②

2011/07/12 さんさんの会 仮設住宅での物資配布について①

2011/06/27 陸前高田市内にて「まごころキッチン陸前高田」を展開中

2011/06/20 さんさんの会"活動報告

2011/06/13 岩手の活動現場より~BAJスタッフ山木からの報告~

2011/06/08 本日から岩手県陸前高田市で配食がスタート!

2011/06/03 岩手県で配食事業を拡大!

2011/06/02  ますます頑張っています!

2011/05/16  ミャンマーより大震災被災者への手紙

2011/05/13 ミャンマーより大震災被災者への手紙

2011/05/06 ミャンマーとベトナムより大震災被災地へ

2011/04/22 "さんさんの会"活動報告

2011/04/15 岩手県出張報告(4月9日~12日)

2011/04/14 ベトナムより大震災被災者への手紙

2011/04/14 山陰中央新報にBAJスタッフによる防災教育の講演が紹介されました

2011/04/13 京都三条ラジオカフェ「難民ナウ!」でBAJの大震災の活動が紹介されました

2011/04/12 ミャンマーより大震災被災者への手紙

2011/04/07 岩手県被災地の調査記録(4月6日)

2011/04/06 岩手県被災地の調査記録(4月5日)

2011/04/05 岩手県被災地の調査記録(4月3日~4日)

2011/03/31 茨城県被災地の現場調査記録


Reports in English

2011/10/31 Our Gratitude for your support

2011/06/20 【Status Report】Japan Earthquake and Tsunami Support Activity June 20

2011/06/10 【Status Report】Japan Earthquake and Tsunami Support Activity June 10

2011/04/28 【Status Report】Tohoku Earthquake Support Activity

2011/04/15 【Emergency Appeal】Japan Earthquake and Tsunami Disaster

2011/03/25 【Emergency Appeal】Japan Earthquake and Tsunami Disaster



2011.04.15

Emergency Appeal for March 11 Japan Earthquake and Tsunami Disaster


On March 11, 2011, a massive earthquake of magnitude 9.0, triggering catastrophic Tsunami waves, occurred off the Pacific coast of the northeastern part of Japan (Tohoku region). This earthquake was the highest ever-recorded. 


The number of deaths in 12 prefectures came to 13,538 and that of people reported missing came to 14,589 as of April 15, according to the Japanese National Police Agency. There are still needs for emergency relief and other humanitarian efforts.

 

We offer our deepest sympathy to all earthquake and tsunami survivors and condolences for the victims.

 

Since start of April 2011, BAJ has been working together with a voluntary group called "San San no Kai," led by an Italian food chef in Ofunato City, Iwate prefecture. We have been providing 1500 warm meals everyday for the survivors of March 11 Japan earthquake and tsunami.

We ask for your support through donations and would like you to call on your friends and family for their donations to help as many survivors in this devastating disaster. 

Your donations are used for BAJ's reconstruction efforts and for supporting voluntary groups and NPOs in the disaster affected areas.


How to make donations to BAJ

You can donate by electronic transfer or depositing over the counter at the following banks:

1) Japan Post Bank (accepted in Japanese Yen)

Account Number: 00130-1-739924 

Account Name: Bridge Asia Japan

Click here on how to deposit donations from overseas.

Please write "Japan Earthquake and Tsunami Donation" in the provided space.

 

2) Registered Mail for Cash (accepted in Japanese Yen and foreign currencies)

Ask your local post office in your country how to send cash through registered mail.

 

3) Credit Card Payment

Credit card payment is only available in Japanese language. We apologize for all the inconveniences.

Click here for BAJ Japanese website.

 

Please contact us if you have any questions or queries:

Bridge Asia Japan

Email: info@baj-npo.org  Tel: +81-3-3372-9777

Address: Business Tower 4F, 3-39-3 Honmachi, Shibuyaku, Tokyo 151-0071 JAPAN

 

*Note: Your donation is only tax refundable in Japan. 15% of your donation will be used for BAJ's administration cost.

About BAJ


We truly appreciate your support.


 



2011.04.08

【いま必要です!】BAJ東日本大震災緊急募金のお願い

 

      負けないぞ 東北

      つながるぞ BAJ

 

3月11日に東北地方太平洋沖において国内観測史上最大の地震が発生いたしました。

被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
また亡くなられた方々に対し、衷心よりお悔やみ申し上げます。

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は長年アジアの人々との共生をめざして様々な活動を行って参りました。現在はベトナムとミャンマーにおいて事業を行っておりますが、私たちの生活基盤である日本の、この困難な状況に対し、国内での緊急復興支援を開始しました。

3月29日と4月3日~4月6日の2回に渡る現地調査の結果、岩手県の大船渡市で活動している"3・11三陸気仙復興委員会(通称さんさんの会)を支援することに決定いたしました。

"さんさんの会"は大船渡市盛町のイタリアンレストラン「ポルコロッソ」のシェフ山﨑純さんが中心となり、ふるさとの復興のために奮闘している団体です。現在は避難所への炊き出しと物資配布を行なっています。

被災翌日に炊き出しを始め、その後、市内の避難所状況やニーズの聞き取りを行ない活動しています。大船渡市民文化会館リアスホールを拠点に、1,500食分の食事を作り、各避難所へ届けています。同時に被災者からリクエストのある食材、日用品、生活物資も届けています。

公的機関の支援が細部にまで届くには時間がかかります。被災された方々にとって大きな助けとなるのは、自らも被災しながら地元の復興に努力する方々の力です。しかし、地元で生活する人にとっては資金や人員に限界があります。

BAJは地域復興を目指して活動する"さんさんの会"を支援することで、被災地の方々を支えるとともに、被災地の復興を応援してまいります。

4月9日~10日にはスタッフ2名を大船渡市に派遣しました。

その様子は随時ホームページやツイッターで発信してご報告してまいりますので、ご覧ください。
ツイッター⇒@Bajiro

 

引きつづき、

BAJ東日本大震災緊急募金へのご協力お願い申し上げます。

 

【振込先】

ゆうちょ銀行
 支店名 西新宿四郵便局
 郵便振替口座 00130-1-739924
 口座名 ブリッジエーシアジャパン
 ●郵貯銀行以外の口座からお振込みいただく場合
 店名 〇一九(ゼロイチキュウ店)
 口座番号 当座 0739924
 受取人名 ブリッジエーシアジャパン
※通信欄に「大震災支援」とお書きください。

三菱東京UFJ銀行
 支店名 新宿新都心支店
 口座番号 普通 1174394
 口座名 トクテイヒエイリカツドウホウジン ブリッジエーシアジャパン

楽天銀行
 支店名 ワルツ支店(204)
 口座番号 普通 7025837
 口座名 特定非営利活動法人 ブリッジエーシアジャパン
 フリガナ トクヒ)ブリッジエ-シアジャパン
※楽天銀行の口座からお振込みの際は、振込み内容の欄に「大震災支援」
 とご記入くださいますようお願いいたします。

またクレジットカードをご利用の方は こちら よりお願いいたします。 

 

※この件に関してのお問い合わせ先は以下の通りです。
  E-mail : info@baj-npo.org
  Tel    : 03-3372-9777
※BAJは認定NPO法人です。みなさまの寄付金が確定申告の際「寄付金控除」
 の対象となります。
※いただいたご寄付の15%は管理費となります。



2011.03.25

【Emergency Appeal】Japan Earthquake and Tsunami Disaster

 

On March 11 2011, a massive earthquake of magnitude 9.0, triggering catastrophic Tsunami waves, occurred off the Pacific coast of the northeastern part of Japan (Tohoku region). This earthquake was the highest ever-recorded in Japan. The number of deaths in 12 prefectures came to 9,737 and that of people reported missing climbed to 16,501 as of March 24, according to the Japanese National Police Agency. In the affected regions, there are still needs for relief, fuel, and transport as well as other humanitarian efforts.

 

We offer our deepest sympathy to all earthquake and tsunami survivors and condolences for the victims.

 

Bridge Asia Japan (BAJ) is an independent Japanese NGO, and we have been carrying out many activities since 1993 to work together with people in Asia. Currently, we operate in Vietnam and Myanmar, however, we decided to provide emergency reconstruction assistance in the very country we live in for the first time. We ask for your support through donations and would like you to call on your friends and family for their donations to help as many survivors in this devastating disaster. 

Your donations will be used for BAJ's reconstruction efforts and for provision of aid and support to local Japanese NGOs in the disaster affected areas.

We will update our news on our website about donations collected, how your donations are used, and activities implemented.

 

How to make donations to BAJ

You can donate by electronic transfer or depositing over the counter at the following banks:

1) Japan Post Bank (accepted in Japanese Yen)

Account Number: 00130-1-739924 

Account Name: Bridge Asia Japan

Click here on how to deposit donations from overseas.

Please write "Japan Earthquake and Tsunami Donation" in the provided space.

 

2) Registered Mail for Cash (accepted in Japanese Yen and foreign currencies)

Ask your local post office in your country how to send cash through registered mail.

 

3) Credit Card Payment

Credit card payment is only available in Japanese language. We apologize for all the inconveniences.

Click here for BAJ Japanese website.

 

Please contact us if you have any questions or queries:

Bridge Asia Japan

Email: info@baj-npo.org  Tel: +81-3-3372-9777

Address: Business Tower 4F, 3-39-3 Honmachi, Shibuyaku, Tokyo 151-0071 JAPAN

 

                                                        We truly appreciate your support.

 

*Note: Your donation is only tax refundable in Japan. 15% of your donation will be used for BAJ's administration cost.



2011.03.18

【いま必要です!】BAJ東日本大震災緊急募金のお願い

 

3月11日に東北地方太平洋沖において国内観測史上最大の地震が発生いたしました。

被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
また亡くなられた方々に対し、衷心よりお悔やみ申し上げます。

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は長年アジアの人々との共生をめざして
様々な活動を行って参りました。現在はベトナムとミャンマーにおいて事業を行っ
ておりますが、私たちの生活基盤である日本の、この困難な状況に対し、国内で
の緊急復興支援を立ち上げることを決定いたしました。

いただいたご寄付は、BAJ復興支援金として、現地で活動している信頼できる
NGOへの後方支援や資金提供、および今後BAJが行う復興支援活動に使わせ
ていただきます。

寄付の状況、使途、後方支援活動等については、ホームページなどで情報を発信
していきますので、よろしくお願い申し上げます。

 

【振込先】

ゆうちょ銀行
 支店名 西新宿四郵便局
 郵便振替口座 00130-1-739924
 口座名 ブリッジエーシアジャパン
 ●郵貯銀行以外の口座からお振込みいただく場合
 店名 〇一九(ゼロイチキュウ店)
 口座番号 当座 0739924
 受取人名 ブリッジエーシアジャパン
※通信欄に「大震災支援」とお書きください。

三菱東京UFJ銀行
 支店名 新宿新都心支店
 口座番号 普通 1174394
 口座名 トクテイヒエイリカツドウホウジン ブリッジエーシアジャパン

楽天銀行
 支店名 ワルツ支店(204)
 口座番号 普通 7025837
 口座名 特定非営利活動法人 ブリッジエーシアジャパン
 フリガナ トクヒ)ブリッジエ-シアジャパン
※楽天銀行の口座からお振込みの際は、振込み内容の欄に「大震災支援」
 とご記入くださいますようお願いいたします。

またクレジットカードをご利用の方は こちら よりお願いいたします。 

 

※この件に関してのお問い合わせ先は以下の通りです。
  E-mail : info@baj-npo.org
  Tel    : 03-3372-9777
※BAJは認定NPO法人です。みなさまの寄付金が確定申告の際「寄付金控除」
 の対象となります。
※いただいたご寄付の15%は管理費となります。

 



いま必要です! 月1,000円からBAJを応援!BAJまるごとサポーター
フルクル ブックオフ あなたの1,000円でできること ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 アジ子通信ベトナムでのNGO活動 BAJ東京発 わいわいブログ ボランティア募集 スタッフ紹介
寄付金控除のご案内