最新情報

最新情報

2017.12.10 活動報告

ラカイン州小学校建設事業 (計180校) を実施中:ミャンマー

【報告:東京事務所 吉崎】

2017年9月より、ラカイン州における小学校校舎建設事業の第2期がはじまりました。

5年間をかけて、ラカイン州全17郡において80校の建設を予定しています

(下記の第1期と合わせて、本事業としては計180校)。

 

BAJの学校建設の特徴は「住民参加」です。

地域住民の方に座学と実地による技術訓練(OJT)を行いながら、共に建設を進めていくことです。

 

本事業の第1期(2012年9月~2017年9月)では、ラカイン州全域に計100校の建設を行いました。

BAJは、第1期の終了後、学校を建てた100の村を全て訪問し、事業評価のための調査を実施しました。

その結果、例えば、学生数に特に大きな影響があったことが分かりました。

事業開始前のデータと比較して、学生数が約26%増加(16,817人から21,188人へ増加)していました。

【報告:東京事務所 吉崎】

BAJが建設した小学校校舎で

 

第2期では、より活動内容を充実させ、学校建設に加えて、校舎の維持管理のための

PTA強化や防災訓練のワークショップを行います。

BAJは現在、ラカイン州内に3つの事務所を構えています(マウンドー、シトウェ、タウンゴップ)。

先日シトウェ事務所にて、これらの活動を効果的に実施するための、スタッフ向けプログラムファシリテーター養成研修が行われました。 

TOT : Training of Trainers (BAJスタッフ向け研修) の様子
第1期より継続して、ラカイン州の全域を対象とした大きな事業となります。

引き続き皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。

 

ラカイン州における小学校校舎建設事業は、日本財団および皆さまからのご支援で行っています。

お知らせ一覧へ戻る