HOME > BAJニュース

BAJニュース

2016.06.02

7/16 ベトナムの子どもたちへ届け!チャリティライブ開催★

2016summer_tanken_top2.jpg


素晴らしいプロゴスペルシンガー、ダンサー、Jazzサックス奏者たちが集結!!

ベトナムの子どもたちのため、熱い一日を演出してくれます。

普段ゴスペルやダンスに触れる機会のない方にもきっと楽しんで頂けます。

たくさんの方にお越しいただければ幸いです!!


【イベント詳細】

日時:2016年7月16日(土)14:30〜16:30 (Door open 14:00)

場所:Corus by hacocoro

住所:東京都港区赤坂3-4-4 専修赤坂ビルB1 (入り口は裏通りにあります)
   (赤坂駅2番出口 徒歩3分、赤坂見附駅11番出口 徒歩2分)

参加費: 3,500円 (1ドリンク、フィンガーフード込) 


【参加方法】

以下の応募フォームに必要事項を明記の上、送信ボタンを押してください。


** イベントに来れないけど、ベトナムの子どもたちを応援したい!**
クレジットカード、銀行振込、郵便振替で寄付を募っています。
下記リンクより、「ベトナム子供の夢応援募金」を選択の上、お手続き下さい。

** イベントをバックアップしてくださる企業・団体様も募集中です **
info@baj-npo.org(担当:押村)までお問い合わせくださいませ。

【出演者(予定)】
・白鞘慧海(ゴスペルシンガー)
・JP-João Pedro Carvalho(ダンサー)
・Steve Sacks(サックス奏者)


-------------- ベトナムの環境教育について ----------------------

ベトナムでは急激な経済成長と共に、環境汚染が深刻化しています。政府は
それを問題視し、学校での環境教育を推し進めていますが、教え方は詰め込
み型が主流。教室のなかで先生の喋ることと教科書に書いてあることを必死
に頭に入れていく。学習のなかで子どもたちの疑問や意見を取り入れ、発展
させていくような姿勢も残念ながらあまりありません。
子どもたちは知識として環境問題を知っていても、自分の生活に結びつけて
捉えることは難しいのが現実です。

BAJの環境教育は、実験・観察・体験等を多く活動に取り入れ、子どもたち
の意見・発言、興味・関心を大切にしています。水の汚染についての学習を
し、「川はどこから来るの?」と疑問が出れば、水源を見に出掛けます。大
気汚染についての学習では、「木はどれくらいのCo2を吸収するの?」と発
言があれば、メジャーを持って外に木の大きさを測りに行き、算出の式を調
べて計算をしたりします。
子どもたちが自分自身で地域の問題に気付き、どのように解決するか考え、
それに向けて自発的に行動できる力を養う事を目標とし、活動を継続してい
ます。
正しい知識や方法を身につけ、自分たちの国や故郷を守るために行動を起こ
していける大人となって欲しい。
その想いにすこしでも「いいな」と思って頂けたのであれば、是非BAJの活
動を応援して頂けますと幸いです。

▶BAJベトナムでの活動について


▶環境教育の詳細はこちら


※ライブの収益は、ベトナム・フエ市近郊の貧困農村部の子どもたちを対象とした環境教育に充てられます。



2016.06.01

10/30 第6回大阪マラソン BAJチャリティランナー大募集!(募集終了)

  

マラソンでワクワク、本とおもちゃが届いてミャンマーの子どもたちもワクワク!

 

今年、BAJは10月30日(日)に開催される第6回大阪マラソンのオフィシャル寄付先団体に選ばれました。

 

世界の大きなマラソン大会ではチャリティプログラムが実施されています。今年で第6回目となる大阪マラソンでは日本のチャリティ文化の創造をめざして、毎年さまざまなチャリティプログラムが組まれており、たいへんな盛り上がりを見せています。そして今年は14団体ある寄付先団体の一つとしてBAJが選ばれました!!

 

マラソンでご支援いただいたご寄付は、東京おもちゃ美術館さんと共にミャンマー村落部の子どもたちに本とおもちゃを届けるBOOK & TOYライブラリー100プロジェクトに使われます。

 

ぜひ第6回大阪マラソンにご参加いただき、マラソンで感じたワクワクを通じて、ミャンマーの子どもたちに「学び」と「遊び」のワクワクをプレゼントしませんか?

 

BAJではチャリティランナーを募集中です

チャリティランナーとは?

大阪マラソンでは一般参加のランナー枠と異なる、チャリティ支援の輪を広げる象徴として出場していただく「チャリティランナー」という参加枠があります。オフィシャル寄付先団体のなかから1団体を選び7万円以上の寄付金を集めてマラソンを走ります。

詳しくはこちら

 

 

BAJのチャリティランナーになると得られるもの

・完走記念にミャンマーの小学校に届ける本とおもちゃの詰まった図書棚のプレートに名前が刻まれます

・完走記念にランナーさんのポストカードを作成します

・チャリティランナーさんを集めた交流会を実施します

・スタート地点、沿道、ゴール地点などでミャンマーの伝統衣装や民族衣装を来た応援団がランナーさんを応援します

・ゴール地点ではミャンマーのペットボトルウォーターをご提供します

7万円の寄付金を集める際の広報サポートをします

・特製ミャンマー缶バッジを贈呈します

 

チャリティランナーは一般ランナーと受付会場が異なりスムーズな受付けが可能となっています。そして、着替えや給水などの特別なラウンジも用意されています。

 

ぜひBAJのチャリティランナーとして走りませんか?

一緒にワクワクを届けましょう!

☆エントリーはこちらから☆

 

応募締切は7/29(金)17時までです!


BOOK&TOY ライブラリー100プロジェクトについて

3年をかけてミャンマーの100校の学校へ本とおもちゃが詰まった図書棚を届けます。ミャンマーの小学校には一般的に図書室がありません。プロジェクトの対象となるミャンマーの村落部は電気も通っていない地域がほとんどであり、新聞雑誌もとても貴重な場所になります。

民主化を経て注目をあつめるミャンマーにおいて、人材育成や教育が重要な課題となっています。子どもの頃に夢中になった本やおもちゃの記憶は一生の宝ものであり、すべての教育を支える大事な基礎になります。

私たちのプロジェクトで届けた本とおもちゃが将来ミャンマーの社会を担う人々を支える大切な記憶となることを願っています。

BOOK&TOY特設サイトはこちら

これまでの活動報告はこちら

 

■お問合せ先

ご不明な点や確認点など、下記までお気軽にご連絡ください。いっしょに走りましょう!

特定非営利活動法人ブリッジ エーシア ジャパン

マラソン担当 新石正治

電話:03-3372-9777

Mailinfo@baj-npo.org

Konetangyi (3).JPG






2016.06.01

7/10 熱帯の植物と村の暮らしを探検しよう!【終了しました】

2016summer_tanken_top2.jpg

皆さんは植物園に行ったことはありますか?

板橋区にある「熱帯環境植物館」は、世界三大熱帯雨林の中のひとつ、東南アジアの熱帯雨林を再現しています。

BAJは、この熱帯植物館を舞台に、植物を観察したり、クイズに答えたりしながら、
村人たちが、植物をどのように利用して生活しているかを知るイベントを企画しました。

案内は熱帯植物とミャンマーに詳しい大野勝弘(BAJスタッフ/マングローブ林行動計画研究員)です。

BAJの活動地、ベトナムとミャンマーももちろん東南アジアの一部です。
熱帯植物館で現地の生活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

お子さんからご年配の方まで、どなたでもご参加いただけます。

【日 時】 7月10日(日)10:00-11:45(10:00施設入り口集合)

【会 場】 板橋区立熱帯環境植物館(三田線「高島平駅」徒歩7分)アクセスはこちら

【参加費】 500円(入館料240円が別途必要です)

【持ち物】 特になし

【申込み締切】7月4日(月)

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。

イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

※info@baj-npo.orgからのメールが受け取れるアドレスをご記入ください

(例:2016/7/10 熱帯探検)
 

お申し込み後、すぐに受付受付のメール返信がない場合は、再度お申込みください。



2016.06.01

7/3 かわいい&かんたん レース編みでアクセサリー作り

tattinglace_all.jpg

ヨーロッパ発祥のレース編み「タティングレース」は、イギリス統治時代にミャンマーに伝わりました。ミャンマーシャン州や、避暑地として知られているメイミョーなどで盛んだそうです。

ミャンマーでは、とても素敵なタティングレースのスカーフを肩にかけている人たちを目にすることがあります。

そんなタティングレースで、日常使いできるアクセサリーヘッドを作りませんか?
初心者の方も大歓迎です!

作品でピアス・ネックレス・ストラップなどをお作りいただけます。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。



日 時 7月3日(日)10:00~12:00

会 場 おもちゃ美術館(四谷ひろば内) B館2階 コミュニティルーム5

アクセス 丸ノ内線「四谷三丁目駅」徒歩5分 MAP

参加費 1,500円(材料費込)

定 員 10名

持ち物 特になし(材料をお持ちの方はご持参ください)

申込締切 6月27日(月)

開催協力:おもちゃ美術館

お申し込み お申し込みフォーム

お問合せ 電話03-3372-9777 /お問合せフォーム

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。



2016.06.01

8/11 高尾山多国籍ハイキング!【終了しました】

takaosan_all.png

日本在住の楽しく愉快な外国人さんと一緒に高尾山に登ります。
早朝の夏山で、英語も磨きながら楽しくハイキングしませんか?
高尾山の麓から高尾山山頂を経て、一丁平でみんなでワイワイとランチを食べましょう!

日 時 8月11日(木・祝)8:30~14:00(目安)

集 合 8:30 京王線 高尾山口駅

参加費 2,000円

定 員 20名

持ち物 昼食・飲み物・その他登山に必要なもの

引 率 Kris Marose(楽しいアメリカ人)

申込締切 8月4日(木)

申込み多数のため締切りました

お問合せ 電話03-3372-9777 /お問合せフォーム

※予定登山ルート: 高尾山麓~高尾山山頂~一丁平(ランチ)
(参加者の人数、体力によりルートを調整いたします)

登山コース全図

※保険、持ち物等は各自ご準備ください。

※イベントの参加費は、ミャンマーラカイン州北部マウンドーの女性を対象とした、ミャンマー語の読み書き、
  計算、裁縫訓練の支援などに活用させていただきます。



2016.03.17

【終了しました】活動報告会 ミャンマーにおける技術訓練の課題と成果~カレン州パアンにおける技術訓練学校の運営と就労支援を通じて~


automolibe1.jpg construction1.jpg welding2.jpg electric_1.jpg

ミャンマーは近年経済発展が著しく、2014年には経済成長率が8.5%に達し、世界的な注目を集めています。その一方、長年に渡る内戦により教育制度が崩壊し、国内産業を担う人材不足が課題となっています。

そこで、BAJは、国際幹線道路が通過し、今後の発展が期待されるカレン州パアンにて技術訓練学校を運営し、技術を持った人材を輩出しています。


今回の活動報告会では、現地駐在員が、学校の運営を通じて感じているミャンマーにおける技術訓練の課題や、就労支援等による事業の成果をお話します。

みなさまのご参加お待ちしております。


【タイトル】 BAJ活動報告会『ミャンマーにおける技術訓練の課題と成果』
        ~カレン州パアンにおける技術訓練学校の運営と就労支援を通じて~

【日 時】 3月17日(木)18:45~20:30 (18:15 受付開始)

【報告者】 BAJパアン事務所 吉田 伸也

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室 

【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
       丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分

【地 図】 http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

【参加費】 500円

【申込締切】 3月14日(月)正午(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)

         担当:瀬川

         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(「3月17日パアン報告会」とご記入ください。)
 


2015.10.27

【終了しました】 ミャンマー活動報告会『BAJの20年間にわたる技術研修と教育―自動車整備、学校建設などを通じて』


BAJは1995年にラカイン州マウンド―において技術研修を開始しました。
20年間で実施した技術研修は、自動車整備、電気、溶接、裁縫と多岐にわたります。
学校建設や橋梁建設では、地元住民へのオン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じた技術訓練を行い、単なる建設事業を行うのではなく、地域に暮らす人々の収入向上の一助となるような活動を続けています。

今回の報告会では、BAJの事業のなかの『教育』を取り上げ、ミャンマーの一般的に教育事情から、自動車整備所での活動、学校建設現場でのオン・ザ・ジョブ・トレーニング、パアン技術訓練学校での技術指導などの紹介を通じて、辺境地で私たちにできることは何かを考えます。


【日 時】 12月9日(水)18:45~20:00(18:30受付開始)

【報告者】 BAJミャンマー国代表 森 晶子

【会 場】 日本財団ビル 2階 第1-3会議室 

【交 通】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、
       丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」から徒歩5分

【地 図】 http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

【参加費】 800円

【定 員】 30名

【申込方法】 下記申込みフォームよりお申し込みください

【締 切】 12月4日(金)正午(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)
         担当:瀬川
         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org

ワークショップ船外機.jpg 学校引渡式.jpg HPN自動車整備.jpg


2015.10.15

【終了しました】 ミャンマー祭り2015に出展します

11月28、29日(土、日)開催される「ミャンマー祭り2015」に出展します!

ミャンマーに関係するNGOや企業がたくさん出展し、
ミャンマーをたっぷり堪能できる楽しいイベントです。 
BAJでは『教育』にフォーカスした活動を紹介します。
ご家族や友人とご一緒に、是非ご参加ください。 

【日時】
11月28日(土)10:00-18:00
11月29日(日)10:00-16:00 

【場所】
増上寺(東京タワー近く)最寄り駅 三田線「芝公園」 
http://www.zojoji.or.jp/map/ 

【イベント詳細】
ミャンマー祭り公式ホームページ
http://myanmarfestival.org/ 


☆BAJ出展ブースでの当日ボランティアも募集中です!☆ 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
国際協力に関心のある方、ボランティアをしてみたい方、
どなたでもご参加いただけます。

【ボランティア内容】
国際協力イベントでの、会場設営・来場者への活動紹介・イベント運営等

【ボランティア日時】
11月28日(土)9:30-14:00
11月28日(土)14:00-18:30
11月29日(日)9:30-13:00
11月29日(日)13:00-16:30

【ボランティア申込】
応募フォームより応募ください。 

【ボランティア説明会】
BAJでのボランティアが初めての方には、BAJを理解いただくために、
事前説明会へのご参加をお願いしています。《参加必須》
開催日時: 11月21日(土) 13:30-16:30
場所: BAJ東京事務所
 
【お問い合わせ】
担当 瀬川まで
(メール:info@baj-npo.org、電話03-3372-9777)

申込みいただきました方には、確認のメールをお送りします。
シフトの調整ができましたら、参加日時決定のご連絡をいたします。

たくさんのお申込み、お待ちしています!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨年のミャンマー祭りの様子

PA180017.JPG PA190051.JPG


2015.07.06

【終了しました】 ミャンマー中央乾燥地 生活用水供給事業 活動報告会 ―水は金よりも重い!―

水報告会.jpg

ミャンマーの中央に広がる乾燥地域。

年間の降雨量は250800mmと少なく、毎年、乾季になると村落部の住民たちは水不足に悩まされます。ミャンマー全体で見ても経済的に貧しい地域です。

BAJ1999年以来、中央乾燥地で水供給事業を実施してきました。活動拠点を移しながら、地元行政や村落住民たちと共に「水供給」に取り組んできました。活動の柱は「深井戸建設」「既存井戸の修繕」「村の人達へのトレーニング」の3つです。

中央乾燥地の水供給事業は、厳しい自然条件やそうした土地に住む人々の生活様式と向き合う"終わりのない"活動です。

ミャンマー中央乾燥地の水資源の特徴とは何か。村の人々はどのような思いでこうした厳しい環境で生活しているのか。そしてBAJの活動が生み出すインパクトとはなにか。あるいはプロジェクトを進める上での悲喜こもごも。マグウェ事務所の元駐在員(2013.42015.5)がご報告いたします。

ミャンマーに興味がある方、国際協力に興味がある方、日本のNGOの活動を知りたい方、中央乾燥地の風景にピンときた方、ぜひぜひご参加いただき、一緒にミャンマー中央乾燥地の生活に思いを寄せられればと思います。


【報告者】  新石 正治

【日時】  716日(木)18452045 1830受付開始)

【場所】  JICA 地球ひろば201AB (新宿区市谷本村町10-5
      JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10
      東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1/4番出口 徒歩10
      東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8
      アクセス→http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【参加費】 1,000

【お申込み】 以下のフォームよりお願いいたします。

【締切】 714日(火)正午 (それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問い合わせ】 ブリッジ エーシア ジャパン(担当:今村)

                      TEL: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org

                      

イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(例:2014/03/01 BAJカフェ)
 


2015.06.16

7月15日 ベトナムの子どもたちとのSkype交流会

ベトナムとSkype(※)をつなぎ、子どもたちとの交流会を行います!

一緒にすごろく遊びをしたり、お互いのお気に入りの場所を教え合ったりして、
交流を深めましょう。
子どもたちは日頃どんな遊びをしているのでしょうか?
日本のことをどう思っているのでしょうか?
皆さまお誘い合わせの上、お気軽にお申込みください。
子どもたちが皆さんを待っています!

VN-Hue-6.jpg

◇対 象 : けアジアの子ども基金サポーター及びご家族・お友だち
 (サポーター以外の方の参加希望についてはお問い合わせください)

◇日 時 : 7月15日(水)11:15~14:00(11:00開場)  

◇会 場 : NATULUCK飯田橋  (JR・東京メトロ各線「飯田橋」駅 徒歩3分)

◇参加費 : 無料

◇持ち物 : 飲み物・昼食・好きな場所の写真

◇お申込み : 以下のフォームからお申込みください

※「Skype」とはインターネットを使ったテレビ電話のようなシステムです
※当日の回線状況によって、プログラムが変更になる場合がございますので、
あらかじめご了承ください。


イベント申込フォーム

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(例:2015/7/15 スカイプ交流会)
 


2015.05.13

森のおもちゃ美術館に出展します!!

BAJは、新宿御苑で行われる

10回ロハスデザイン大賞新宿御苑展「森のおもちゃ美術館」

に出展いたします!!

 

【場所】新宿御苑

【日時】515日(金)-17日(日)10:0016:00

BAJ出展内容】ミャンマーはりこ販売、曜日占い、民族衣装記念撮影

【参加費】無料 

イベント参加費は無料ですが、新宿御苑の入園料

「一般:200円、小・中学生50円、幼児無料」が必要となります。

 

お子さん連れのご家族がミャンマー文化を楽しめるブースですので、

是非遊びにきてください。 
お待ちしています!!

 PA180008.JPG photo6.jpg



2015.04.02

【終了しました】「自動車整備、橋梁建設、裁縫製品作成で自立支援
― ミャンマーの国境の町、ラカイン州マウンドーより ―」


1991年から1992年にかけて、ミャンマー北西部ラカイン州のマウンドーから約25万人のイスラム教徒住民が難民としてバングラデシュに流出するという事件がありました。1993年にUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)がマウンドーに入り、難民帰還事業進めてまいりました。この地域は仏教徒とイスラム教徒が混在する特殊な地域であり、失業率が70%を超え、将来の不安や言葉の通じない隣人に対する不満など、民族間の紛争も頻繁に起きています。

BAJは1995年よりUNHCRの事業実施団体としてこの地域に入り、帰還民や地元の若者を対象に自動車整備から始まり、橋梁建設、井戸建設、女性のための裁縫訓練、学校建設と活動範囲を広げ、現在に至っています。

それぞれの活動では、民族の区別なく研修や訓練を行い、さらに日本人専門家を投入するなどして、多くのスタッフを育ててきました。ともに学び、ともに汗を流すことで民族間の融和を図り、また身に付けた技術で収入向上を図るなどの活動を進めております。

この報告会では、一般外国人が入域できない現地の状況と自立支援活動の内容を、現地で事業を進めてきた駐在員がお伝えします。


※ 今回の報告会開催のご案内文章のなかに、重大な間違いがありました。
関係する方々にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 BAJ代表/根本悦子


【タイトル】 自動車整備、橋梁建設、裁縫製品作成で自立支援-ミャンマーの国境の町、ラカイン州マウンドーより-

【日時】 415日(水)  18:4520:00 18:30受付開始)

          20:0020:30は、ご参加の皆さまとの交流会を予定しています。ふるってご参加くだい。

【報告者】 BAJマウンド-事務所(ミャンマー)駐在員 原 毅雄

【場所】 JICA地球ひろば201AB 最寄り駅: 市ヶ谷

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10

東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10

東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8

アクセス→http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【参加費】 500

【締切】 413日(月)正午 (それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問い合わせ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ

                         担当: 今村

                         TEL: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org



2015.03.06

【終了しました】ミャンマーの若者の教育と就業を目指して ~ミャンマー・カレン州技術訓練学校の運営の現場から~ 3月26日(木)

※開催を延期しておりました、ミャンマーカレン州での取組に関する報告会の開催日が決定しましたので、改めてご案内申し上げます。


タイとの国境に位置するカレン州では、2012年にカレン民族同盟(KNU)との60年以上続いた紛争が収まりました。

BAJは、教育の機会に恵まれなかった若者を対象に、技術訓練学校をカレン州の州都パアン市で運営しています。

学校では、正しい知識と技術をもった、建設・自動車整備・電気・溶接分野の技能工の育成を目指しています。

今回は、現地駐在員が、学校の運営を通じて感じた、ミャンマーにおける技術訓練の難しさと、課題解決のための工夫とともに、将来ミャンマーで活躍すべく技術習得に励む若者の様子などをお話します。

みなさまのご参加お待ちしております。


【タイトル】 若者の教育と就業を目指して~ミャンマー・カレン州技術訓練学校の運営の現場から~

【日時】 3月26日(木)18:45~20:00(18:30受付開始)

      ※20:00~20:30は、会場にお集まりの皆さまとの交流会を予定しています。ふるってご参加ください。

【報告者】 ミャンマーパアン事務所 吉田 伸也

【場所】 渋谷区勤労福祉会館 第2洋室(2階)

      渋谷駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)徒歩5分

      渋谷区勤労福祉会館へのアクセス

        ※会場にはエレベーターがありません。ご不明な点は下記までお問合せください。

【参加費】 700円

【申込締切】 3月23日(月)正午(それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問合せ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)

         担当:瀬川

         Tel: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


IMG_8168.JPG




2014.12.15

【終了しました】 貧困農家を「農業」を通して支援!活動報告会 2月20日(金)


BAJ1982年よりベトナムの支援に携わり、現在は中部・フエ市近郊の3地区を対象に活動

しています。

活動の目的は、低所得層の農家が多い地域で、彼らのわずかな収入を「農業」を通じて向上

繋げ、生活を安定させることです(JICA草の根技術協力事業)。

この活動の核となっている駐在連絡員 片山恵美子による事業報告会を開催します。

お話する内容の中で、「養豚農家が多い」といった特色を活かした、「バイオガス・ダイジェスター

(糞尿から燃料ガスと液体肥料を生産)」の導入とその普及・効果について、現地の声を伝えます。

また、それに付随した農家グループのコミュニティ形成の方法に於けるBAJならではの工夫なども

お話します。

昨年12月には、農家グループの無農薬野菜や有機精肉(化学肥料や農薬を使わないで生産)を

卸し、地域の人に届けるための「直売所」をオープン!それにまつわる苦労話や笑い話、最新状況

もお伝えする予定です。

 

農業や貧困支援、国際協力等の予備知識、専門知識がない方にも分かりやすく、楽しくお話します。

「ベトナム」「農家」「バイオガス・ダイジェスター」「収入向上」 「直売所」「JICA事業」...

これらのキーワードが目に留まった方、気になる方、是非ふるってご参加下さい!

お申込みお待ちしております。


【タイトル】 ベトナムの貧困農家を「農業」を通して支援!活動報告会

【日時】 220日(金)  18:4020:30 18:30受付開始)

【報告者】 ベトナム連絡駐在員 片山 恵美子

【場所】 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC 1階セミナースペース

表参道駅(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)B2出口徒歩5

渋谷駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)宮益坂方面徒歩10

           GEOCへのアクセス

【参加費】 一般1,000円 BAJ会員500

BAJFacebookを「いいね!」した画面を受付にて提示、または友達やお知り合いを連れての参加

でそれぞれ300off!! ※割引の併用はできません)

【締め切り】 218日(水)正午 (それ以降のお申し込みはお電話にて承ります)

【お問い合わせ】 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ

                                                        担当: 押村

                                                        TEL: 03-3372-9777 / Email: info@baj-npo.org


【お申込み】

こちらのフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前:  

(例:2015/02/20 ベトナム事業報告会)
 

2015.02.20 VN報告会ページ掲載写真
(写真)8月のザボンフェスティバルで出展したバイオ農家グループの方の商品パネル


2014.01.29

「新石さんを偲ぶ会」を開催致しました

BAJ創設者で前事務局長の故新石正弘さんの命日に伴い、
BAJ東京事務所では「新石正弘さんを偲ぶ会」を開催致しました。

お花やお菓子、お手紙を下さいました皆様、有難うございました。

根本理事長より、BAJ創設までの新石さんの奮闘ぶりを伺い、
BAJ東京事務所スタッフ一同、改めてBAJの20年とBAJ設立までの道のりを振り返ることができました。

新石さんは今も、そしてこれからもBAJを見守ってくださっていることでしょう。

今後ともBAJは、新石さんの「相手の立場になって考え、行動する」という理念を念頭に置き、
ミャンマーとベトナムで困難を抱える人々に寄り添っていきます。

皆様、今後とも引き続き、ご支援程、何卒よろしくお願いいたします。




DSC03331.jpg




2013.12.17

BAJ20周年周年記念シンポジウム・懇親会

12月13日(金)に、BAJ20周年記念イベントを実施(日本財団)しました。

第1部のシンポジウムでは、BAJが3月に行ったワークショップとシンポジウムの成果をまとめた「未来への提言」をテキストに、8つの提言について内容を深めようという意図で、三人の先生方と、、BAJのミャンマーとベトナムの駐在2名が加わってのトークショーでした。
その後に開催した懇親会では、BAJにかかわっていただいたさまざまな参加者の方々や、元BAJのスタッフなど、なごやかに交流していただきました。

アトラクションは、高校生を中心とした弦楽四重奏団が、おなじみのクラシック曲やクリスマスメドレーを熱演してくださいました。

ご参加いただいた皆様、またこれまでBAJをご支援いただいた皆様、あらためて御礼を申し上げます。

1476046_749269681767550_388780795_n.jpg


いま必要です! 月1,000円からBAJを応援!BAJまるごとサポーター
フルクル ブックオフ あなたの1,000円でできること ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 アジ子通信ベトナムでのNGO活動 BAJ東京発 わいわいブログ ボランティア募集 スタッフ紹介
寄付金控除のご案内