HOME > BAJニュース

BAJニュース

2010.10.18

ミャンマーコラム③ 喫茶店

喫茶店のスナック1.JPG

 ミャンマーではどこへ行っても喫茶店があります。喫茶店は朝食や軽食を食べたり、お茶をしながらおしゃべりしたり、仕事の情報交換をしたりと、あまりお金を使わずに時間を過ごせる場となっています。

 食べ物のメニューはお店によって全然違いますが、どのお店にもあり喫茶店の一番の売りとなっているのは、紅茶です。

 ミャンマーの紅茶は基本的に牛乳・砂糖・コンデンスミルクの入った甘いものなのですが、その味のバリエーションは渋みと甘みの組み合わせによって数え切れないほどあります。

喫茶店のスナック2.jpgのサムネール画像

「渋深&甘少」「渋軽&甘濃」などそれぞれ名前がついているのですが、お店によって味が違ってくるので、どこのお店のどの味が好き、というようになります。

 BAJが事務所を置いている"チャウパドン"という町の名前が付いた味もあります。これは、チャウパドンがやし砂糖の有名な産地であることに由来し、「激甘」の紅茶になります。




ミャンマーコラム④ 生まれ曜日はこちら




いま必要です! 月1,000円からBAJを応援!BAJまるごとサポーター
フルクル ブックオフ あなたの1,000円でできること ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 アジ子通信ベトナムでのNGO活動 BAJ東京発 わいわいブログ ボランティア募集 スタッフ紹介
寄付金控除のご案内